HOME » 年齢から考える » 20代看護師の転職

20代看護師の転職

まず始めに20代看護師と聞くとイメージするのは…

  • あまり経験がないため、雇ってくれるところがないのでは?
  • 20代看護師の転職は他の年代より不利なのでは?
  • 自分にアピールできるところはあるのか?
  • 経験はないがその分順応性がある
  • 体力がある
  • 20代後半であれば即戦力となる可能性がある

など、みなさんそれぞれ20代看護師の転職について様々な印象があると思います

ここのページでは20代看護師が転職する時のメリットとデメリットを紹介します。

20代看護師の転職について

看護師という職業は、身につけた知識や技術などの経験が高く評価される仕事です。しかし、その経験と同じくらい価値のあるものは若さです。経験の浅い20代看護師の転職活動はなかなか厳しいのではと考える方が多いですが、実は20代看護師の転職は意外と有利なのです。夜勤や超過勤務といった激務である看護師の仕事はやはり体力が必要です。いくら経験や知識があっても仕事についていくだけの体力がなければ働けません。そのため、経験の浅い20代の看護師でも、しっかりとアピールするポイントはあるのです。

また実務経験3年以上ある看護師の方は、若い上に一人前の看護師として扱われるため、求人も豊富です。

しかし、求人先の情報は確約されたもの以外、なかなか手に入れることはできません。職場の雰囲気やサービス残業の有無、量などの内事情は実際働いてみないとわからないといったところが本音です。ですが、それで転職に失敗しては困ります。転職を成功させるためにも、予めある程度様々な職場の内事情を知っている看護師専門の転職サイトや人材紹介会社などのツールを利用することをお勧めします。活用することで、効率よく転職活動を進められるだけでなく、条件に合う職場を見つけることができ、転職を成功させることが可能となるでしょう。

20代看護師のメリット

では今から20代看護師のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが20代看護師の魅力全てではないため、参考程度に考えてください。

①体力がある!

20代看護師の最大の武器は若さです。経験はベテラン看護師に比べ浅いですが、若さを売りにできるのは20代までです。若いということはそれだけ体力があるということです。他の30代、40代の年代と比べ多少無理な働き方、つまり夜勤や超過勤務をしてもついていくだけの体力があります。

また、20代後半ともなると、大半の看護師はある程度実務経験を積んでいます。看護師3年目以上になると、プリセプターやリーダー業務をこなしている方も少なくありません。一人前の看護師として扱われ、体力があり、即戦力となる看護師は採用側にとってもメリットがあります。

②適応能力が高い

ベテランの看護師のように長年看護師として働いていると、ある程度自分の手技や考え方が固定してきてしまいます。そうすると、いざ新しい職場に転職した時、先輩看護師や新しい職場のやり方を素直に受け入れることができず、仕事がスムーズにいかないこともでてきます。同じ職場のスタッフもその職場のやり方に従わず、自分のやり方を貫こうとする看護師がいたら働き辛くなってしまいます。

しかし、20代というまだ、経験の浅い看護師であれば、前職場のやり方に染まることなく、新しい職場での方法を素直に吸収することができます。採用側にとっても20代の若い看護師は扱いやすいと言えます。

20代看護師のデメリット

先ほどから20代看護師の若く体力がある点や新しい職場に順応しやすい点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に20代看護師のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①経験不足

20代という若い看護師の方はまだまだ経験が浅く、身につける技術や学ぶべき知識がたくさんあるはずです。それにも関わらずなぜ前の職場を辞め、転職しようと考えたのかという質問は絶対に聞かれることです。経験を積むのであれば、ある程度一つの職場に留まり、吸収できるだけの知識と技術を身につけた方がいいということは、大半の人が思う事実です。そのため、以前の職場の仕事内容がキツく、耐えられずに逃げ出したのではないかと、忍耐力のない人だというイメージがついてしまう可能性が高いです。しかし、決して転職が難しいというわけではないので、焦らずに転職活動を進めましょう。

②未来が予測不可能

20代というと、ある程度結婚や妊娠、出産を意識しなくてはなりません。自分はまだまだ看護師として働いていきます!そういうことには興味ありません、考えていません!という方でさえ、少し先の未来はどうなっているかわかりません。採用側としては、雇うからには少しでも長く勤めてほしいと考えているため、そういう可能性のある若い看護師に対しては、不安を抱かずにはいられません。決して悪いことではないのですが、採用側にとってはデメリットと受け取られてしまうこともあるということを、頭にいれておきましょう。

こんな方が採用されやすい

  • やる気のある方
  • 順応性があり、新しい職場のやり方を受け入れられる方
  • 素直な方
  • 長く働いてくれそうな方
  • 転職理由が明確な方

20代看護師の転職におすすめのサイト

20代で、転職に不安な方は看護のお仕事を使って、コンサルタントに相談しましょう。

他の年齢

Page Top