HOME » 条件から考える » ブランクがある看護師さんの復職

ブランクがある看護師さんの復職

今の時代、男女の雇用機会を平等にしよう、性的差別をなくそうという動きが強くなり、今まで女性の仕事と思われていた看護師の仕事ですが、男性の看護師が徐々に増えてきました。しかし、増えてきたといっても、まだまだ女性が大半を占めています。

差別を無くそうといってもやはり女性と男性は違います。特に女性は妊娠して、赤ちゃんを生むという大事な役割を担っています。そのため、どうしても妊娠や出産の際には準備が必要です。産休をもらう方も多いですが、育児のことも考え、一度退職し妊娠、出産、育児に専念しようと考える方も少なくありません。

また、結婚という段階で退職する方も多くいらっしゃいます。理由としては、旦那さんと一緒に暮らす際、職場が遠くなってしまうため退職せざるを得ない場合や旦那さんの転勤に着いていかなくてはならない場合等が挙げられます。これらの理由から今まで勤めていた職場を離れ、そのまま転職せずに過ごしてきてしまったという方もいらっしゃいます。

また、結婚や出産とは関係なく、体調不良により看護師の仕事から離れてしまう方もいらっしゃいます。不規則で仕事も大変な看護師の仕事ですが、その上、人間関係や労働環境があまり良くない職場もあります。そうなってくると、元々身体の弱い方はもちろん、強い方ですら、肉体的、精神的に体調を崩してしまう方が多いです。中には精神疾患に罹ったり、ストレスによる病気で入院してしまったという人もいるくらいです。

看護師という仕事が向いていないと辞めてしまったり、体調不良、結婚や出産など理由は様々なです。しかし、時間が経つに連れて再度看護師として働きたいと意欲が湧いてきた方たちもたくさんいると思います。しかし一方では、長いブランクがあり看護師としての復職に不安があったり、諦めてしまっていて、なかなか復職の一歩を踏み出せずにいる方が非常に多いのが現状です。

ブランクのある看護師さんの不安や悩み

ブランクがある看護師さんが不安に思う代表的なことを挙げます。

  • 今の時代の看護についていけるか
  • 最新の医療技術についていけるか
  • 今の自分の知識だけでは不安
  • 技術が衰えていて使い物にならないのではないか
  • 現役看護師さんの様に動き、仕事をこなしていけるか
  • 新しいことをたくさん覚えなければならないのに、覚えられるのか
  • 臨床経験が少ない上にブランクがあり、雇ってくれるところがないのではないか
  • 年齢もだいぶ歳をとってしまっている上にブランクがあり、ついていけるのか、雇ってもらえるのか
  • ブランクが十数年以上と長いが大丈夫か

以上のようにブランクがある看護師さんたちはみなさん様々な不安や悩みを抱えています。しかし、せっかく看護師の資格を持っていますし、看護師としてもう一度働く意欲が湧いているなら復職したいですよね?不安はあるが復職したいと意欲のある方へお勧めの転職先をご紹介したいと思います。

ブランクのある看護師さんへお勧めの施設

では今からブランクがある看護師さんでも、比較的安心して働き始められる職場をご紹介していきます。

①介護施設

まず一つ目は介護施設です。介護施設は病院と比べて時間の流れがゆっくりですので、復職される看護師さんに再就職先として選ばれることが比較的多いです。

また介護施設は在宅での生活が困難な高齢者の方が入所されています。介護施設での看護師の主な仕事は利用者の健康管理と生活のサポートであり、治療を目的としていません。そのため治療行為は褥瘡など皮膚トラブルの処置くらいなものです。あとはバイタルサインのチェックや内服薬の管理、配薬、胃瘻の注入や管理です。どれも高度な看護技術は必要ではないため、ブランクがあり、技術や知識の面で不安を感じている方でも治療行為が多い職場より安心して働き始めることができるのです。

②療養型病院

次のお勧め先は療養型病院です。介護施設よりも治療行為は多少多くなりますが、一般病院と比べるとかなり少ないです。基本的に主な看護業務は介護施設と差程変わりません。バイタルサインのチェック、褥瘡処置、内服薬の管理、配薬、胃瘻の注入や管理などに加え、時々ある点滴や採血を行うくらいです。治療行為をもっと行いたいという方には向いていませんが、治療行為が少なく、介護の業務がメインでも大丈夫という方なら、ブランクがある方でも働きやすい職場であると言えます。

③復職支援制度やプリセプター制度のある病院

復職支援制度とは入職時にブランクのある看護師さんを対象に不安解消のための研修を行うというものです。ブランクのある看護師さんは技術、知識共に不安を抱えています。そのため、採血やルート確保のやり方、感染管理、電子カルテや医療機器の扱い方などを確認し指導してくれます。

またプリセプター制度とは、新人看護師や中途採用の看護師に対して指導や相談に乗ってくれる世話役の先輩看護師を1人つけてくれるというものです。この制度があると、困ったときはちょっと相談があった場合、プリセプターに聞けばいいので安心できます。

このような制度は残念ながらクリニックなどの小さい施設ではありません。プリセプター制度は大きな総合病院から小さな病院でもあることはありますが、復職支援制度は大きな総合病院で行われている場合が多いです。もし復職後に、また看護師として大きな病院でバリバリ働きたいけど不安があるという方は、復職支援制度やプリセプター制度がある病院を探してみてください。

まとめ

以上のように、ブランクのある看護師には辞めざるを得なかった様々な理由があり、この度復職を希望しているものの、不安がありなかなか前に進めていない方々が多いです。そんな看護師の方々にも、介護施設や療養型病院、復職支援制度やプリセプター制度などを設けている病院は比較的安心して働き始めることができる施設だと言えます。

それでも不安だという方は、就職前に就職先の業務内容やどんな患者がいるか確認し、それらについて自己学習をすることをお勧めします。

また、都道府県のナースセンターが復職希望者を対象に実施している復職支援セミナーがあります。復職するにあたり多くの看護師の方が不安に感じることを中心に教えてくれます。もちろん知識も技術もです。興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

最後に、復職したいという気持ちがあってもブランクのある看護師を受け入れてくれる就職先を見つけなくてはなりません。また、せっかく復職しても労働環境が合わずにすぐ辞職に至ってしまっては意味がありません。そのため、復職希望の看護師の再就職をサポートしてくれる人材紹介会社や看護師専門の転職支援サイトの活用をお勧めします。これらの会社は全国の様々な病院の内部情報も持っているため、就職を決める前に参考にすることもできます。また自分の条件にあった求人情報を提供してくれるため、1人で復職活動をするより余程効率が上がります。これらのツールは無料で利用できるため、復職を成功させたい方はぜひ活用してみてください。

ブランクのある看護師さんの転職におすすめのサイト

ブランクのある看護師さんには、転職サポートが手厚い看護のお仕事が良いでしょう。。

他の条件

Page Top