HOME » 条件から考える » 看護師は高給与?

看護師は高給与?

看護師として働いていると、友人や知人から「看護師は給料高いからいいよね!」と言われた経験が誰しも一回はあると思います。

確かにOLやサラリーマンなどの一般職と比べると給与は高くなります。日本のサラリーマンの平均年収は408万円です。ボーナスや税金を引かれることを考慮するとだいたい手取りは20万円程になります。

これに対し、看護師の平均年収は471万円、手取りにするとだいたい平均26万円以上となっています。このため、他の職業の方から看護師は給料が高いと思われても仕方のないことです。

しかし、実際看護師のみなさんはというと、自分の給与に満足している方はかなり少ないと思います。ですが、これは当然と言えば当然のことだと思います。この平均給与の中には夜勤手当や残業代、その他諸手当が含まれての金額になります。夜勤手当を除くと一般職の方たちと変わらない、あるいはそれ以下の給与になってしまいます。

看護師の仕事というのは、人の命を預かる責任の重い仕事です。それだけでも命に対する責任というプレッシャーだけで精神的負担はかなり大きいです。

さらに、夜勤もあるため不規則な生活になり体調を崩すこともよくあります。土日休みも少なく、サービス残業も多いため、精神的、肉体的にかなり負担がかかる仕事となっています。このため、一般職の人たちからしたら看護師は給与が高く思えるかもしれませんが、実際働いている看護師側からすると、仕事内容に見合った給与をもらえてないと感じるのです。

そんな看護師たちがもっと今より高い給与を求めて転職を考えます。しかし高収入の求人と聞くと、だいたいのイメージは忙しい、人数不足、大変などマイナスの印象しかないと思います。確かにそのような職場の求人は高給与な場合が多いですが、その他でも、高給与をもらうことは可能です。

高収入の仕事を探すポイント

では、いったいどのようなポイントで探せば高給与がもらえるのでしょうか?今からそのポイントをいくつかお話したいと思います。

①都心部の病院を狙え!

給与は一般的に都心部の方が高く、地方は低いというのが基本です。都内は物価や土地の値段、家賃が高いため当然といえば当然のことです。そしてこれは看護師の給与にも当てはまります。都内で働く看護師の平均月収は35.7万円、ボーナスは平均98.6万円、年収は平均527.5万円となっています。それぞれ全国の平均と比べると、月収は約3.1万円、ボーナスは約20万円、年収は約57.8万円も高くなっています。

しかし、先ほども言いましたが都内は地方に比べて様々な物の値段が高いので、収入と支出のバランスを考えた時にお金が増えるかはあなた次第だと思いますが、今よりも高い給与が欲しいと言うならば、都内の求人を狙うのも一つの方法だと思います。

②国公立の病院を狙え!

看護師も公務員として扱われる国公立の病院は、基本的に年功序列です。勤続年数が長ければそれだけ給与も上がり、他の病院に比べて給与が高い傾向にあります。一般的な民間病院の場合、平均年収は350万円前後です。しかし、国公立の場合平均年収は420~450万円程となっています。もちろん、長く働けば年収はもっと上がります。

また民間病院でも国公立病院と同等、あるいはそれ以上の好条件をだしている病院もありますが少ないと言えます。そのため、まず国公立の病院で求人を探してみてはいかがでしょうか?

③高給与の診療科を狙え!

看護師の給与は様々な条件により変わってきますが、勤める診療科によっても給与に違いが出てきます。

給与が基本的に高い診療科はまず、美容系が挙げられます。美容という目的のために治療を受ける場合、自由診療となります。これは保険適用外となり、病院やクリニックに支払われる金額が大きくなります。また、多くの美容系クリニックや病院では、歩合制を採用しています。個人の出来高によって基本給にプラスせれる報酬が決まってくるため、やる気次第ではかなりの高収入を得られる可能性があります。

次に精神科です。精神科は夜勤手当などの他に、危険手当という特殊な手当が毎月支払われます。これは怪我を負わなくても毎月支払われる手当ですので、特に何も危険がなければお得な手当と言えます。この諸手当プラスこの危険手当もありますので、他の科に比べたら、比較的高い給与となります。

次に循環器系です。循環器系は夜勤や残業が比較的多くなるため、手当によって年収が高くなる傾向にあります。また、人工透析のクリニックや病院は、他の診療科のクリニックや病院に比べて利益が大きくなるそうで、夜勤がなくても看護師の給与は高くなります。病院側が働くスタッフに利益の一部を還元してくれるのです。無理なく働け、高い給与が得られる働きやすい職場と言えます。

まとめ

以上のように今より高収入を得たいなら、まず職場を変えましょう。ポイントは都心部、国公立の病院、そして給与の高い診療科を狙うことです。もいろん、夜勤回数が多かったり、残業時間が長かったりするところは、言うまでもなく給与は高くなります。しかし、あまり建設的ではありません。体力的にも精神的にも長く勤めるのは厳しいでしょう。そのため、先ほど挙げたポイントを参考に、自分に合った高給与の職場を探してください。

しかし、ポイントを絞ったからと言って、日本全国にたくさんある病院の中からここだ!という病院を見つけるのは大変だと思います。いくら高給与の職場とはいえ、人間関係が良くなかったり、激務過ぎたりと労働環境が良くなければせっかく転職しても長続きしないでしょう。

そこで、効率よく、かつ自分の条件に合った職場を見つけるためにも看護師専門の転職サイトや人材紹介会社を活用することをお勧めします。これらのサポート会社は日本全国の病院の情報をほぼ網羅しており、転職をサポートしてきた実績もあるため、非常に役に立ちます。自分で調べただけでは知り得ない内部事情なども知ることができるため、転職前に一度活用すると、転職が成功しやすいと言えます。

無料で活用できるため、転職を成功させたいという看護師の方はぜひ活用してみてください。

高給与な職場への転職におすすめのサイト

看護のお仕事に登録して、キャリアコンサルタントに高給与な求人を紹介してもらいましょう。

他の条件

Page Top