HOME » 条件から考える » 第二新卒看護師の転職

第二新卒看護師の転職

まず始めに第二新卒看護師と聞くとイメージするのは…

  • 忍耐力がない、耐久性がない
  • 打たれ弱く、すぐ辞めてしまう
  • 次の仕事もすぐに辞めてしまうだろう
  • すぐに辞めてしまったことで次の就職先が見つからないかもしれない
  • 病院側が第二新卒者を欲しがっているのか、需要があるのかわからない

など、みなさんそれぞれ第二新卒看護師に対して様々な印象を持っていると思います。

ここのページでは第二新卒看護師の転職するメリットとデメリットを紹介します。

第二新卒看護師について

第二新卒看護師とは、就職してから1年以上、3年未満の看護師のことを言います。第二新卒看護師は新卒看護師と違い、少なからず社会人であった期間と、働いた経験があり、採用する病院側は卒後研修をする必要がありません。働いた期間も短いことから全職場の色に染まることなく、新たな職場のやり方を素直に聞き入れられる柔軟性もあるため、第二新卒看護師は意外と需要があります。

学校を卒業してからすぐ就職した第二新卒看護師の方は多くの場合、転職が初めてだと思います。今の時代、転職が当たり前になってきたとはいえ、転職の回数を重ねるごとに社会の自分に対する評価は下がっていきます。そのため、初めての転職というのはとても大事なことです。次に就職する職場が転職する最初で最後の職場だと思えるくらい慎重に選ぶ必要があります。

また、転職が初めての方が大半だと思いますから、履歴書の書き方や面接の仕方など、転職に関してわからない点が多々あり、誰かのサポートが必要になってくると思います。そのため、私は看護師専門の転職サイトを活用することをお勧めします。看護師転職サイトは、全国あちらこちらの病院の情報をもっており、ネットやハローワークに出ていないような求人募集の情報まで持っています。そして、あなたの性格や条件などを聞いた上でどこの病院が合うのではないかと提案してくれます。実際、第二新卒看護師のみなさんは、看護師として働いた経験があり、どのような病院が自分に合うのかわかったと思います。自分の適性がわかっていないと転職が上手くいかない可能性もあるため、よく自分を見つめなおすことも大切です。その上で自分の条件を出し、転職支援会社のスタッフさんと転職を検討していくとよいと思います。また、転職支援会社の方は、履歴書の書き方や面接の仕方まで幅広く教えてくれます。サポート体制は十分整っているため、転職初心者の第二新卒看護師の皆さんには、看護師専門の転職サイトの活用を勧めます。

第二新卒看護師が転職するメリット

では今から第二新卒看護師が転職するメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが全てではないため、参考程度に考えてください。

①社会人経験がある

第二新卒看護師は社会人としての期間まだまだ短いものの、それでも社会人として1年以上働いた経験があるというのは、病院側にとってはメリットとなることがあります。現代の新卒者は忍耐力がないことや打たれ弱いことが指摘されています。新卒者の中には1年満たずに辞めてしまう方も多くいます。しかし、1年以上働いていれば、少なくとも新卒者よりは社会人としてのマナーや社会の厳しさなどがわかっていると思います。何も経験のない新卒者に比べ、第二新卒者に期待をかけ、入職を歓迎をしている病院もたくさんあります。

②即戦力となり得る

第二新卒看護師は少なからず1年以上の看護師経験があります。これは何も経験のない新卒看護師に比べかなり病院側としては役に立ちます。新卒看護師の場合、入職後一ヶ月くらいの間は研修期間を設け、即戦力となれるよう技術を指導するだけでなく、社会人としての接遇やマナーなどもきちんと教えないと患者さんの前に出せません。近年、看護師不足の状態が続いており、病院側も例え第二新卒看護師だとしても即戦力になるような人物を求めていることは確かです。第二新卒看護師を歓迎してくれる病院を検討してみるのもいいと思います。

③柔軟性がある

第二新卒看護師は社会人経験があるといっても、その期間は短く、まだ働いていた病院の色に染まっていません。そのため、新しい病院の色に染まりやすい、つまり柔軟性があるのです。柔軟性は意外と大事なことです。新しい職場のルールをきちんと理解し、円滑に仕事を進めるようにしなければなりません。そのため病院側も柔軟性がある第二新卒看護師に期待をかけるのです。

第二新卒看護師のデメリット

先ほどから第二新卒看護師が転職することの即戦力となることができる点や柔軟性がある点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に第二新卒看護師が転職すことのデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①社会人としての経験が少ない

先ほどはメリットで、少なからず社会人として経験したことがあるということはメリットになるとお話ししました。しかし、いくら経験があるといっても、10年以上の看護師経験があるようなベテランナースと比べれば全然まだまだです。あくまでも新卒者と比べたときにはメリットになりますが、経験豊富な看護師さんと比べてみたときは、社会人としての経験が少なすぎると判断されてしまうこともあります。病院側もやはり即戦力になる経験豊富な看護師さんがほしいと思っているところは多いのです。第二新卒看護師は新人として学ぶ姿勢を大切に、やる気は十分あるところを病院側に見せることが重要です。

②忍耐力がない人として見られがち

看護師は一般の職業と比べ離職率が高く、全国平均では7.5%になります。そして今や3~4人に1人は転職をするような時代になりました。しかし、転職が当たり前になっている時代ではありすが、まだまだ短期間で退職してしまったことに対して良くない印象をもっている病院は多々あります。また次もすぐに辞めてしまうのではないか、続かないのではないかと、初めから偏見を持って見られてしまうことも少なくないでしょう。そのため、第二新卒看護師は今後どのような目標をもっているのか、将来どのような自分となり、看護に携わっていきたいのかなど、自分のやる気をアピールすることが大切になります。

こんな方におすすめ

  • 次の仕事も看護師として働きたいと真剣に考えている方
  • 経験、知識は別として、少なくともやる気は十分ある方
  • 目標や将来展望が明確な方

第二新卒看護師の転職におすすめのサイト

第二新卒の看護師さんには看護のお仕事が人気です。コンサルタントの後押しで希望の条件を叶えましょう。

他の条件

Page Top