HOME » 雇用形態から考える » 常勤(日勤のみ)の求人

常勤(日勤のみ)の求人

まず始めに常勤(日勤のみ)看護師と聞くとイメージするのは…

  • 夜勤がないため規則正しい生活ができる
  • 給料が下がるのでは?
  • 日勤のみの仕事となると求人が少ないのでは?

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、常勤(日勤のみ)看護師について少し興味があると思います。

ここのページでは、常勤(日勤のみ)看護師に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

常勤(日勤のみ)看護師について

現在、病棟で日勤のみの求人を探すことは難しいです。それは病院勤務は夜勤がついもののため、病院側も夜勤ができる看護師さんをなるべく採用したいと考えてことが理由にあります。しかし、日勤帯のみの常勤で働ける求人は、病棟勤務だけではなく、クリニックや診療所、企業や学校の医務室や保育園、健診センター等、働ける環境は多岐に渡って存在します。日勤常勤の看護師として勤務したいと希望されているのであれば、病棟の職場にも視野を広げて検討してみると、求人の幅も広がり、就職しやすくなります。

常勤(日勤のみ)看護師のメリット

では今から常勤(日勤のみ)看護師のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが常勤(日勤のみ)看護師で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①夜勤がない

日勤常勤で働く看護師さんの最大のメリットは何と言ってもやはり夜勤がなく、日勤帯のみで働けるという点です。夜勤と日勤を繰り返すとホルモンバランスが崩れ、肌荒れや体調不良といったトラブルが常に起こりやすくなります。現在転職を希望されている看護師さんの中には、この不規則な生活が自分の身体には合わず、大きな負担になっている方が多いのではないでしょうか?生活リズムをうまく作れないという点を理由に転職を希望される看護師の方はたくさんいらっしゃいます。規則正しい生活を送りたい方や子育て中のママさんナースの方にも日勤常勤で働くことはオススメです。転職希望の方はこの際、一度検討してみてはいかがでしょうか。

②福利厚生が受けられる

日勤帯のみの仕事といっても、アルバイト、パート、派遣看護師など働き方はたくさんあります。しかし、日勤常勤の看護師として働くメリットは福利厚生がきちんと受けれるというところです。アルバイトやパート、派遣といった非常勤看護師は福利厚生を受けられません。そのため、ボーナスや残業手当てなど収入面で大事なお金はもらうことができません。一方日勤常勤の看護師は日勤帯だけの仕事かつ、福利厚生がきちんと受けられるたも残業代やボーナスがしっかりもらえます。また社会保険や年金などの福利厚生もきちんと受けられるところが魅力の一つだと思います。日勤帯のみの仕事を希望している方で、福利厚生をきちんと受けたい方は、パートや派遣ではなく日勤帯のみの常勤で働ける職場を探すことをオススメします。

常勤(日勤のみ)看護師のデメリット

先ほどから常勤(日勤のみ)看護師の夜勤がない点や福利厚生がきちんと受けられる点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に常勤(日勤のみ)看護師のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①給料が低くなる

日勤帯のみの仕事から再び日勤常勤の看護師に転職を希望されている方にはそれほど感じないことかもしれませんが、今まで常勤として夜勤も含めて仕事をしていた方にとっては、日勤常勤は夜勤がない分夜勤手当てが付かず、給料が低くなったと感じる方が多いと思います。看護師のお給料は基本給+諸手当(住宅手当、残業手当、夜勤手当など)で支払われており、基本給自体は病院や看護師の方の経験年数にもよりますが、その方が転職する上で他の病院とさほど差はないと思います。しかし、夜勤手当がつかないとなると諸手当が大幅に下がり、結果的に全体で給料が低くなってしまいます。具体的に例を挙げると月5万~8万程度、年収だとだいたい100万円ほど下がると言えます。日勤常勤への転職を検討している方は今のご自分の生活スタイルで給料が低くなったとき生活していけるかよく考えた上で決めてください。

②慣れるまで時間がかかる

今までの仕事が日勤帯のみの看護師さんでしたら、常に朝早くから出勤することに抵抗はないと思いますが、夜勤ありの仕事をしていた看護師の方にとっては、常に朝早くに起きて仕事に行くというのは意外とキツイという方がいらっしゃいます。夜勤と日勤をこなしていた方はシフト上、次の日が夜勤だった場合、今日は夜遅くまで飲みに行ける、夜更かしできる、朝寝坊できると生活していたり、夜勤明けで次の日も休みだから何ちゃって二連休だと羽目をはずしていたりと、不規則な生活に合わせて楽しむことができていたと思います。しかし、日勤常勤になるということは、常に朝早くから夕方までの勤務時間になるため、今まで当たり前にしていた生活ができなくなります。数ヶ月もあればその規則正しい生活にも慣れてはきますが、最初はその生活がしんどく、ストレスに感じることもしばしばあると思います。

こんな方におすすめ

  • 夜勤をすることに疲れてしまった方
  • 規則正しい生活を送りたい方
  • 子育て中のママさんナースの方
  • 日勤帯のみの仕事だけど残業代やボーナスをきちんともらいたい方

常勤(日勤のみ)の転職におすすめのサイト

日勤のみの常勤求人をお探しなら看護のお仕事が良いです。転職活動のサポート体制も万全です。

他の雇用形態

Page Top