HOME » 雇用形態から考える » 夜勤専従(非常勤)の求人

夜勤専従(非常勤)の求人

まず始めに夜勤専従看護師(非常勤)と聞くとイメージするのは…

  • 月にどれくらい働けばいいんだろう?
  • 掛け持ちの仕事ができる
  • ボーナスがもらえない
  • 夜勤だけの非常勤看護師って給料はどうなんだろう?
  • 体力が必要
  • 子供がいる看護師にとってはなかなか働くのが難しいのではないか

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、夜勤専従看護師(非常勤)について少し興味があると思います。

ここのページでは夜勤専従看護師(非常勤)に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

夜勤専従看護師(非常勤)について

夜勤専従看護師にも常勤と非常勤があり、非常勤看護師はアルバイト、パート、派遣、単発など雇用形態が選べます。常勤も非常勤もそれぞれ同じメリットやデメリットもあれば違うメリットやデメリットもあります。メリットとして共通して言えることは働く日数が少ないが、高い収入が得られる点です。しかし、常勤でも非常勤でも高収入を得られますが、ボーナスがもらえるか、タクシー代が出るかなどでも大きく違いがでてきます。デメリットとしては本来人間が休む時間帯に働くため、体調を崩しやすいという点です。夜勤専門の看護師であるため、夜勤ありの常勤看護師に比べれば、ある程度決まった生活リズムをつくることも可能ですが、それでも、日勤だけの看護師よりは体に負担がかかる仕事です。良い点、悪い点それぞれ理解した上で転職を検討してください。

夜勤専従看護師(非常勤)のメリット

では今から夜勤専従看護師(非常勤)のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが夜勤専従看護師(非常勤)で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①高収入

夜勤専従の非常勤看護師は他の非常勤の仕事に比べて労働賃金が高くなります。夜勤一回あたりの相場は、病院や都心か地方かによって変わってきます。地方では一回の夜勤あたりだいたい2万円くらいが相場ですが、都心では3万円と高くなります。非常勤のためボーナスはもらえませんが、夜勤一回あたりの相場が常勤よりも高くなります。

②求人が多い

夜勤専従看護師は常勤よりも非常勤として働ける看護師を募集する案件が多いです。これは非常勤として雇った方が、仕事内容は差ほど変わらない上にボーナスなど余計な経費がかからなくて済むという雇う側の考えがあるようです。このため、非常勤の夜勤専従看護師の求人は意外とあります。夜勤で働ける看護師が不足しているため、病院側も夜勤のできる看護師を欲しており、割とスムーズに仕事が決まる可能性が高いです。

③シフト希望が出せる

非常勤として働く良い点に、自分の働きたい時に仕事を入れられるという、融通が利く点も挙げられると思います。しかし、求人をだす病院の中には月に4回以上夜勤に入ることを条件として挙げるなど、条件付きの病院も多いため、よくチェックしておく必要があります。またもし、非常勤としての定期的収入を得たいわけではないのなら、派遣登録し、派遣会社から希望に合う単発あるいは短期間の仕事を紹介してもらうという働き方もできます。このように自分のライフスタイル、ワークライフに合わせて働き方を選べる点は魅力的です。勤務日数も少ない上に高収入を得られ、融通が利く仕事といったらなかなかないため、私生活を充実させたい方にオススメできます。

夜勤専従看護師(非常勤)のデメリット

先ほどから夜勤専従看護師(非常勤)の勤務日数が少ないにも関わらず高収入が得られる点や求人募集が多く、就職まで意外とスムーズに決まる点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に夜勤専従看護師(非常勤)のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①福利厚生が受けれない

福利厚生が受けれないということは、ボーナスや残業手当がもらえないということです。また、寮を希望している方だったら寮に入れなかったり、タクシー代が出なかったりもします。常勤と違い社会保険や年金などの手続きも病院側はやってくれないため、全て手間のかかる事務的作業を自分でやることになります。意外と福利厚生って重要なんです。このため、保証や福利厚生をきちんと受けたいという方には非常勤の夜勤専従看護師は希望として合っていないと言えます。

②託児所が利用できない

子供のいない看護師の方にはあまり関係ありませんが、ママさんナース、特に小さなお子さんのいる方にとって託児所があるかないか、利用できるかできないかはとても大きな問題になってくると思います。まず、働く先を選ぶに際に気をつけていただきたいのは、その病院が保育施設を持っているかという点と、非常勤看護師でも利用が可能かという点です。ある程度子供も大きくなったから夜お母さんがいなくても大丈夫だわ!という方ならチェックする必要はありませんが、まだまだお子さんが心配な方は安心して働くためにも保育施設を利用できる病院をお勧めします。

こんな方におすすめ

  • 自分のライフスタイル、ワークライフに合った仕事をしたい方
  • 長時間勤務、夜勤に耐えられる方
  • 勤務日数少なく、高収入な仕事を探している方
  • 常勤の仕事の合間に夜勤の仕事を入れたい方
  • すぐに仕事を始めたい方

夜勤専従(非常勤)の転職におすすめのサイト

夜勤線順の非常勤求人が豊富に揃っているのはMCナースネットです。手厚いサポートも魅力の一つです。

他の雇用形態

Page Top