HOME » 施設形態から考える » 透析室の求人

透析室の求人

まず始めに透析室と聞くとイメージするのは…

  • 患者に穿刺するのが難しそう
  • すぐ急変しそう
  • どんなことをしているのかよくわからない
  • 患者は定期的に透析を受けに来る
  • 透析に必要な器械がいっぱいあり、操作が難しそう

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、透析室について少し興味があると思います。

ここのページでは透析室ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、透析室に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

透析室について

透析とは腎機能が低下し、老廃物や余分な水分などを体外に排出することができなくなった患者に対して、人工透析を行って体内の不要なものを取り除き、人工的に血液を浄化する方法です。透析を受ける患者は腕にシャントといって血流量の豊富な血管を造設します。透析所要時間はだいたい一人あたり3~4時間であり、患者は1週間に2~3回、透析治療を受ける必要があります。透析患者は透析導入後、永久的に透析治療を受けなければならず、精神的なケアも重要になります。透析看護師の主な仕事としては、透析患者への施術説明や医療機器の操作、穿刺、抜針、止血、バイタルサインのチェック、急変時の対応などの他に、透析治療を受ける患者のご家族に対しても食事指導や生活指導を行います。また、それと同時に質問や相談への対応も行います。主にルーチン業務のため、初めての看護師さんでも比較的働きやすく、未経験の方の転職も多いです。

透析室のメリット

では今から透析室のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが透析室で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①定刻で帰宅できる

透析ではだいたい一つの透析に対して時間を決めているため、その決められた時間内で透析を行います。患者はだいたいその患者自身の決まっている曜日ごとに透析を行いますので透析の数も一日の中で決まっています。また、一般の病院とは違い、就業時間ギリギリになって急患が飛び込んでくるということはないため、緊急透析をしなくては!ということにはなりません。そのため、決められた時間内で仕事を終えられるため、残業がほとんどなく、時間通りに帰宅できます。夜勤業務もないため、比較的働きやすいです。

②やることが決まっている

透析室では看護師は透析中の患者の状態管理をするのが主な仕事になり、一連の流れがだいたい決まっています。バイタルチェック、穿刺、抜針など行います。また患者は約4時間ほどの透析を終わるまでじっと耐えなければなりません。4時間じっとしていることは意外と大変なもので、患者の中にはストレスを訴えたり、腰痛を訴えたりすることもあり、その都度患者の訴えに応えることも看護師の仕事です。病棟などと違い、仕事内容的にはやることは比較的少なく、決まっている内容が多いので、一度覚えてしまうと、仕事が楽だと感じる看護師が多いようです。

③死に直面することがほとんどない

看護師の中には、いつまで経っても患者の死に直面するのは辛いと感じる方もいると思います。病棟で働いていると、どうしても患者と接している時間は長くなり、その分患者の死というものに接する機会は多いです。しかし、透析では患者が亡くなるということは稀です。ドクターも常にいますから、万が一急変しても素早い対応ができるため、患者が透析中に死ぬということはほぼないです。どうしても看護師という仕事は生と死について関わることが多いですが、患者の死に対してあまり接することが厳しいという方には透析で働くことも選択肢の一つだと思います。

透析室のデメリット

先ほどから透析室の就業時間通り帰宅できる点や仕事内容がルーチンである点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に透析室のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①透析の知識が必要

透析看護は、仕事内容がある程度ルーチンのため、初めて透析室で働く看護師でも働きやすいと言えます。しかし、ルーチンだからといって業務だけ覚えても、透析看護師は勤まりません。透析の仕組み、シャントについての理解、透析中の患者の状態変化、合併症についてなど、透析に関する知識も必要になってきます。また、職場によっては技師さんが患者に穿刺してくれるところもありますが、穿刺をナースが行う場合もあります。そういった場合に穿刺の技術も求められます。特に透析患者の血管は穿刺しにくいので高い技術が必要です。向上心のない方には向いてないと思います。

②患者の通院が長くなる

透析を導入した患者はその後一生透析治療を受けていかなければなりません。そのため、多くの患者は自宅から一番近い透析クリニックなどに週2~3回通って透析を受けています。基本的に何か大きな理由ができない限り透析治療をうける病院を変えることはしないため、長年通院する患者が多いです。患者の中には気難しい方や苦手な方もいます。そのような患者と毎週接しなくてはいけないため、良好な関係を保つ努力が必要です。

こんな方におすすめ

  • ルーチン作業が向いている方
  • 透析について興味がある方
  • あまり死というものに直面したくない方
  • 穿刺が得意な方

透析室の転職におすすめのサイト

転職をお考えの方は、透析室の求人に強い看護のお仕事をご利用ください。

他の施設形態

Page Top