HOME » 施設形態から考える » 新設病院の求人

新設病院の求人

まず始めに新設病院と聞くとイメージするのは…

  • 何もかもが新しくてきれい
  • 最新の設備、医療機器が導入されている
  • 電子カルテで統一されている
  • 看護師が足りておらず、忙しそう

など、みなさんそれぞれ新設病院に対して様々な印象を持っていると思います。

ここのページでは新設病院に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

新設病院について

現代の日本は高齢社会のため介護・医療の分野の需要が高まっており、毎年たくさんの新設病院が開業しています。新設病院は設備が充実しており、綺麗で清潔感もあるため、働きやすい労働環境が整っています。また、オープンしたばかりの病院は、周囲の期待からか、多くの患者が訪れるため忙しく、看護師の人数も確保できていないためなかなか休みづらいことや残業が多くなることも多々あります。しかし、病院を一から作り上げていくことに魅力を感じ、そこに携わりたいと考える看護師の方も多く、人気のある求人です。新設病院で働くというのは、実際にはイメージがつき辛く、応募するか非常に迷うと思います。そんな時は、様々な病院の情報を持っている看護師専門の転職サイトを利用し、新設病院で働くということのイメージをつけてみてはいかがでしょうか?担当さんがいろいろアドバイスをくれますし、他の病院の求人情報や、新設病院の情報ももらえるため、新設病院への転職を希望される方はまず、転職サイトへのご利用をお勧めします。

新設病院のメリット

では今から新設病院のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが新設病院で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①電子カルテが導入されている

今の時代、新設病院はどんどんIT化されています。そのうちの一つが、看護師にとって重要なカルテです。今まではカルテと言ったら紙カルテが一般的でした。しかし、もう今は電子カルテの時代です。新設病院は電子カルテを導入して立ち上がりますし、紙カルテを使用していた病院はどんどん電子カルテに移行してきています。電子カルテは紙カルテより遥かに効率があがります。例えば、紙カルテを使っていた方なら経験があると思いますが、ドクターの字や同僚の字が汚くて読めない、記録を書きたいのにカルテを他の人が使っていて書けない、患者さんの今までの血圧や体温をその場で見たいのに、紙カルテは持ち運べないから見れないなど、多々紙カルテに対して不便を感じたことがあったと思います。しかし、電子カルテはそれらの悩みを一気に解決でき、その他の作業も電子カルテでできるよう統一されているため、仕事がスムーズに行えます。もちろん、今まで紙カルテだった方は最初慣れないパソコン操作で苦労する方もいますし、やっぱり紙カルテがいいと感じる方もいると思います。しかし、これからの時代は電子カルテなので、電子カルテに慣れる必要があると思います。

②設備が整っている

新設病院は古い病院とは違い、様々な意見を取り入れて建てられるため、とても労働しやすく、使いやすい設備が整っていますし、なんと言っても綺麗です。これは意外と重要なポイントで、看護師さんの大半の方が綺麗な病院で働きたい!転職したい!と考えています。設備としては、まず病室が広く設けられてるところが多いです。古い病室では病室が狭く、何か処置や介助するときはとても苦労します。また、ナースステーションやロッカールームもスタッフが働きやすいように整えられており、労働環境は満足できると思います。

③みんな新人!

新しい病院に勤めるスタッフは、年齢や経験年数はバラバラですが、そこに勤めるという意味では誰もが新人です。そのため、いじめや派閥などなく、フラットな状態から人間関係をスタートすることができるため、特に今まで人間関係で悩んできた方や、経験がない新人看護師さんにはオススメです。

新設病院のデメリット

先ほどから新設病院のIT化され電子カルテが導入されている点や労働環境が整っている点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に新設病院のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①ルールが決まっていない

新設病院にもある程度ルールはありますが、基本はまだそこのスタッフみんなでルールを作り上げている段階です。特に新設病院は新人看護師もいますが、様々な病院でそれぞれ経験を積んだ看護師さんも多く入職します。経験がある分一つの処置をとってもやり方は個々に違いがあり、どのやり方でやっていくかなど決めなくてはなりません。また、時々気づいていなかった曖昧な部分が表に現れ、ルールの曖昧なことが原因でトラブルが起きる場合もあります。トラブルの原因となることは統一していかなくては、スムーズに業務が行えません。しばしばいざこざが起きることもあると聞きます。円滑な業務進行のためにも、例えば書類処理や管理について、患者さんの介助についてなどいろいろなことに関して決まりごとを見直し、改めていく必要があります。しかし、みんなが新人ですから、誰に聞いても答えはわかりません。曖昧なルールをきちんと定めようと話し合いが必要になってきます。様々なことが1からのため、誰もが手探り状態の環境ですので、ストレスが溜まることも多々あります。

②患者の期待が大きい

新しい病院は施設も充実しており、清潔感溢れ綺麗な建物のため、当然様々な期待をもって患者さんが多く集まります。看護師は慣れないながらも、その患者さんの期待に応えるよう努力しなければなりません。病院も利益がないと潰れてしまいますから、利用してくれる患者の獲得は大事なことです。患者の期待に沿うようきちんと対応し、患者の獲得に勤めなければならず、看護とは違うため、不快に感じる看護師の方もいると思います。

こんな方におすすめ

  • 新しくて綺麗な病院で働きたい方
  • 労働環境を重視する方
  • 人間関係をフラットな状態から始めたい方
  • 自ら病院の組織作りに関わっていきたい方

新設病院の転職におすすめのサイト

新設病院の求人は看護のお仕事に多く掲載がありますので、是非ご登録ください。

他の施設形態

Page Top