HOME » 施設形態から考える » 保育園看護師の求人

保育園看護師の求人

まず始めに保育園看護師と聞くとイメージするのは…

  • 子供が大好きな人に向いてそう
  • 親の対応が大変そう
  • 保育園での看護師業務ってなにするの?

など関わったことの経験がない人は、保育園看護師における看護師の役割が具体的にわかっていないと思います。

ここのページでは保育園ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、保育園看護師に転職することのメリットとデメリットを私の経験を踏まえてお話したいと思います。

保育園看護師について

保育園看護師とは、厚生労働省が2007年に認可されている全国の私立保育園に対して看護師を配置することを定めました。この制度は身体の弱い子供や体調不良の子、アレルギーを持つ子、障害を持つ子などのケアを図ることを目的にしたものです。子供も安心できますが、子を想う親の気持ちとしても我が子に万が一何か起きたとき、専門的な知識をもった看護師が保育園にいるというのは安心できるのではないでしょうか。また、子供の健康についての悩みがあった時に、我が子のことをいつも側で見ていてくれ、理解している専門家に相談できる環境があることは心強くもあり、子育てに悩む親にとっては欠かせません。しかし、現在は看護師の人数不足という問題もあり、全国の保育園に看護師を配置できていないのが現状です。

保育園看護師のメリット

では今から保育園看護師のたくさんあるメリットの中から3つメリットをご紹介します。

①元気で健康な子供たちに囲まれながら仕事ができる

病院で仕事をする看護師との最大の違いは何と言っても、元気いっぱいで健康な子供たち囲まれながら仕事ができるところです。元気すぎる子供は時には対応が大変で、面倒だと感じることもあるかもしれません。しかし、元気いっぱいの健康な子供と仕事として接することができるのは、保育園看護師だけです。子供と関わりたいからと小児科へいっても、みんな何かしらの病を抱えており、保育園児に接するような関わり方はできないと思います。本当に子供が大好きで面倒見がいい方には保育園看護師は向いていると思います。

②規則正しい生活が送れる

保育園児は夕方親が迎えに来て帰宅してしまうため、保育園看護師には夜勤がありません。夜勤のある病院で働くと日勤、夜勤というサイクルにより、体内時計のリズムが崩れ、体調も壊しやすいですが、保育園は日勤帯のみの仕事になるため、仕事により生活リズムが崩れるということはありません。また病院のように早番や遅番などの特殊な出勤もないため、規則正しい生活が送れます。

③基本的には土日祝日に休める確率が高い

保育園によって違いはありますが、基本的に公立の保育園では土日、祝日に休めることが多いです。他の保育園では土曜日出勤はするところもあります。しかし、週2日は休みをもらえることが多いです。また病院のように残業が多かったり休日出勤があったりなんてことはないため、予定を立てやすく、プライベートも充実させやすいです。

保育園看護師ののデメリット

先ほどは保育園看護師の元気で健康な子供に囲まれて仕事ができる、規則正しい生活が送れる等良い点を紹介しました。しかし、良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。今度はそのデメリットのついてもお話ししたいと思います。

①臨床経験が必要

保育園看護師は子供の病気やアレルギーに対しての専門的な知識や病気や怪我をした子供への素早く的確な対応が求められます。そのため、ある程度臨床経験を積まないと採用には至らない場合もあります。保育園側が求める看護師として、臨床経験3年以上という条件を設けている保育園もあります。他にも小児科勤務の経験ありな人を求めていることもあります。また、子を預ける親の立場からしてみても、臨床経験が全然ない看護師より、経験豊富な看護師に大事な我が子を任せたいと考えていると思います。このように保育園看護師はある程度の経験が必要なため、新卒後すぐに働けるというものでもありません。保育園看護師として働きたい場合はまず、臨床経験を積みことをお勧めします。

②1つの保育園に1人の看護師

看護師不足や、経費削減など様々な問題から、基本的に1つの保育園に対して勤務する看護師の人数は1人です。法律上9人の園児に対して1人の看護師が配置されるという決まりがありますが、そこが実現できていないのが現状です。病院で看護師として働いてきた方にとっては、職場に看護師が自分だけしかいないという環境はあまりなかったことだと思います。たくさんの園児の健康を一人で管理していくという責任もあるため、一人では心配だという方には向いていないと思います。

こんな方におすすめ

  • 子供が大好き
  • 夜勤のある仕事はしたくない
  • 臨床経験3年以上ある方、小児科の経験がある方
  • 夜勤のない職場がいい方

保育園看護師の転職におすすめのサイト

保育園への転職は看護のお仕事のキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

他の施設形態

Page Top