HOME » 施設形態から考える » 介護施設の求人

介護施設の求人

まず始めに介護施設と聞くとイメージするのは…

  • 医療行為というより介護がメインではないか
  • 介護施設って具体的にどんなところ?
  • たくさんの高齢者の生活の場
  • 介護士がたくさんいて看護師は少なそう
  • 夜勤ってあるの?

など関わったことの経験がない人は、介護施設における看護師の役割が具体的にわかっていないと思います。

ここのページでは介護施設ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、介護施設に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

介護施設について

介護施設には介護老人保健施設(老健)、介護老人福祉施設又は特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホームの3種類あり、それぞれ役割や特徴が違います。老健は主に要介護認定を受けた高齢者が治療を目的に入所します。高齢者が治療を受けながら在宅復帰を目指していく場であり、医師の常勤と看護師の24時間勤務が定められています。看護師の仕事内容としては胃瘻の管理や褥瘡の処置、インシュリ注射などの医療行為があります。特養は治療は必要ではないが、介護が必要な高齢者に対し、介護サービスを提供しつつ、生活の場を与えています。医師は常駐せず、看護師は健康管理を主に行います。オンコール制を採用している施設が多いです。有料老人ホームは多くの場合、民間の企業が運営しています。高齢者はそこで日々の生活を送ることを目的に入所しており、看護師は健康管理も行いますが、主に入所者の生活を満足いくものにしていくためにサポートしていきます。このように介護施設といっても、そのタイプによって様々な違いがあります。その他の介護施設での看護業務としては服薬管理や医師やリハビリスタッフ等、他職種との連携等があります。介護施設へ転職を考えている方は、どのタイプの介護施設で働くかによって、勤務内容が大きく異なるため、よく考えて選ぶ必要があります。

介護施設のメリット

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、介護施設について少し興味があると思います。では今からたくさんある介護施設のメリットの中からいくつかご紹介していきたいと思います。

①日勤常勤の求人多く、残業が少ない

看護師の中には夜勤と日勤を交互に続けていくと、生活リズムが崩れ体調を壊してしまうから日勤のみの職場がいい!結婚して子供もいるため、家事育児をする中夜勤は辛い!など様々な理由から、日勤のみの仕事を希望される方がとても多いです。施設によっても異なりますが、介護施設の多くは日勤のみで働ける日勤常勤の募集をしてるところが多く存在しています。夜勤はないがオンコール制を採用している施設や夜勤もオンコールもないという施設も中にはあります。利用者の急変など、何か緊急を要することが起きない限り呼び出しはありませんし、残業もなく定時で帰ることもできます。病院勤でハードワークに疲れ果ててしまった方には無理なく働けるいい環境かもしれません。

②長く勤めることができる

日本は現在高齢社会であり、今後もますます高齢者は増えていき、介護施設の需要も増していくことが予想されます。最近、自宅の近くにも介護施設ができたと実感している方も多いのではないでしょうか?ここ数年、いたるところに介護施設ができ、その分看護師の求人も多くなり、自宅近くの施設で働けるというケースもあります。誰でもなるべく自宅に近い職場に勤めたいと考えますよね?このように、介護という分野は今後さらに需要を増し、それに伴い看護師も必要とされる場が広がります。将来長く働け、かつ身近な職場を探してみるのもいいと思います。

③利用者とじっくり向き合った看護ができる

介護施設は病院と違って、利用者の入退所が激しくありません。一日の時間の流れもゆっくりであり、利用者一人一人とよりコミュニケーションをとる機会が増え、より理解することができます。そのため、各利用者に合わせたケアをすることができ、やりがいを感じられると思います。

介護施設のデメリット

先ほどから介護施設の日勤常勤で残業が少ない点や、利用者とじっくり向き合った看護ができる点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に介護施設のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①看護スキルが向上しない

介護施設では、医療行為と呼べるものはほとんどありません。看護師の役割としては、利用者の健康管理、急変時の対応、介護職員への指示だしや助言などです。豊富な知識や高い看護スキルは必要ではないため、ブランクがある看護師でも仕事をしやすいというメリットはあります。しかし、長年病棟勤務で培ってきた素晴らしいスキルをお持ちの方は、自分のスキルを劣化させたくないという人もいると思います。又は、もっと自分のスキルアップを目指して転職を希望されている方もいると思います。そのような方たちに、医療行為の少ない介護施設への転職はお勧めできません。

②常駐医師がいない

介護施設の中には病院のように常に医師がいる環境が整っていないところもあります。そのため、時には自分の判断で物事を決めていかなくてはならないため責任が重くなります。自分にかかる責任というプレッシャーに押しつぶされないよう、精神面を鍛える必要があります。

こんな方におすすめ

  • 病棟の忙しい環境に疲れてしまった方
  • 夜勤がない職場を探している方
  • 高齢者一人一人とじっくり向き合っていきたい方
  • 介護の経験を積んでみたい方

介護施設の転職におすすめのサイト

介護施設の求人は看護のお仕事に多数掲載がありますので、無料登録を済ませて非公開求人を紹介してもらいましょう。

他の施設形態

Page Top