HOME » 施設形態から考える » 古い病院の求人

古い病院の求人

まず始めに古い病院と聞くとイメージするのは…

  • 設備が古く、いろんなものが壊れていそう
  • 働きづらい労働環境
  • いろいろ汚そう、清潔感がない
  • いじめがありそう
  • お局のような先輩看護師がいそう

など、みなさんそれぞれ古い病院に対して様々な印象を持っていると思います。

ここのページでは古い病院に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

古い病院へ転職する際の選び方

古い病院と聞くとあまり良くないイメージを浮かべがちですが、実際には新設病院にはない良いポイントもたくさんあります。また、病院によっても良さは異なるため、病院選びの際は看護師の転職を専門に扱っている転職会社に登録し、その病院の情報を流してもらうといいと思います。そうすることによってある程度病院内の様子について知ることができ、働く職場を絞りやすくなります。

古い病院のメリット

では今から古い病院のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが古い病院で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①ルールがきちんと決められている

古くからある病院は今まで作り上げてきた歴史があり、その病院に勤めていた大勢のスタッフたちが長い間業務改善などを繰り返し行って決められたルールがあります。新しくできた病院では、まだ全てが手探りの状態です。看護師としての経験年数はバラバラでも、そこで働き始めるスタートは一緒なので、誰もが新人です。ルールがきちんと決まっていないことによるトラブルも多いと聞きます。その点、古くからある病院は規則がきちんとあり、長年その病院で働いているスタッフもいるため、わからないことは聞くことができます。ルールが定まっていないために起こるトラブルのことであまり面倒に巻き込まれたくない方は規則がきちんと定まっている、昔ながらの病院で働いてみるのもいいと思います。

②プリセプター制度がある

昔からある病院にはきちんと新人や若手看護師、ブランクのある看護師や中途採用の看護師まできちんとサポートできる体制が整っています。しかし、新設病院ではそうはいきません。全てのスタッフがその病院では新人なのですか、誰かがプリセプターになってその病院での働き方を教えるということはできません。スタッフそれぞれが自分が病院の業務になれることに精一杯で他の人をサポートする余裕もなかなかありません。ある程度の経験や知識、技術があり、どんな環境下でもすぐ仕事ができるようになるという人であれば、新設病院で働くのもいいと思いますが、そうでない人はきちんと体制の整った昔からある病院をお勧めします。

③ベテラン看護師が多い、若手看護師は意外と採用されやすい

昔からある病院はその病院で長年勤めている看護師さんが意外と多いです。看護師としての経験も豊富な看護師さんが多いため、勉強になることがたくさんあります。特に若手看護師さんは経験豊富な先輩ナースにご指導してもらうことができるのでいいと思います。また、昔からの病院はご年配の看護師さんが比較的多く勤めているため、年齢層が高くなりがちです。そのため、若手看護師を採用したいという病院も多いです。もちろんベテラン看護師さんの需要もありますし、看護師のみなさんは検討してみてください。

古い病院のデメリット

先ほどから古い病院のベテラン看護師さんが多い点や規則がきちんと構築されている点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に古い病院のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①紙カルテを使っている

まず、古い病院のデメリットとして1番に上がるのが、やはり紙カルテです。新設病院では間違いなく電子カルテが導入されますし、古い病院の中にも、紙カルテから電子カルテに移行を終えた病院もたくさんあります。しかし、まだまだ紙カルテを使用している病院が多くあるのも事実です。紙カルテには電子カルテにない良さがたくさんあります。しかし、作業の効率化を考えたら、やはり電子カルテの方が効率が何倍もいいです。紙カルテに慣れている方は逆に電子カルテは使いづらいと訴える方もいますが、今の時代、電子カルテが主流であり、今後新しくできる病院も全て電子カルテを導入していくでしょう。電子カルテを導入している病院がいいと希望される方は古い病院を検討される際、必ず確認してください。

②設備も古い、働き辛い環境

病院が古いということは、そこにある設備も古いということです。例えばエアコン。エアコンは特に暑い夏の時期と寒い冬の時期は欠かせません。病院なら、室内温度を調節しないと場合によっては患者さんの具合が悪くなるリスクがあります。しかし、古いとエアコンも壊れ、使えなくなります。そうなると暑い夏の時期にエアコンなしで働かなくてはならないため、働く看護師も体調を崩しかねません。また、ナースステーションが狭かったり、病室が狭かったりという働きにくい環境であることも少なくありません。しっかりとした設備、働きやすい環境が整っている職場ででないと働きたくないという方にはオススメできません。

③派閥がある

古くからある病院では、そこに長年勤めているスタッフが何人もいます。そうすると当然人によって合う合わないが分かれ、場合によっては派閥のようなものが生まれていることもあります。先輩看護師から引き継がれている伝統行事みたいなものがあったり、いじめのようなものがあったりと人間関係が面倒な場合があります。しかし、人間関係はどこに勤めてても悩まされる問題であり、一概に昔からある病院だからというわけではありません。

こんな方におすすめ

  • 電子カルテより紙カルテがいい
  • 規則がきちんと構築されている職場で仕事がしたい
  • サポート体制が整っているところで働きたい

古い病院の転職におすすめのサイト

古い病院のお仕事探しは看護のお仕事がおすすめです。無料で利用可能なのでご利用ください。

他の施設形態

Page Top