HOME » 施設形態から考える » 手術室看護師の求人

手術室看護師の求人

まず始めに手術室看護師と聞くとイメージするのは…

  • 医師の助手として器械を手渡ししてそう...それ以外何するの?
  • 器械の名前を覚えるのが大変そう
  • 知識と経験が豊富なベテラン看護師が働いてそう
  • 緊迫した雰囲気の中働いて精神的に大変そう
  • 失敗したら患者さんの生命にかかわる大変な仕事
  • 医者に怒られたりして怖そう
  • どんな技術が身に付くんだろう?

など関わったことの経験がない人は、手術室における看護師の役割が具体的にわかっていないと思います。

ここのページでは手術室ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、手術室看護師に転職することのメリットとデメリットを私の経験を踏まえてお話したいと思います。

手術室看護師について

手術室看護師は『器械だし看護師』と『外回り看護師』という2つの業務に分かれます。器械出し看護師はメス等の器械を医師に安全に素早く渡したり、患者の身体の中に器械やガーゼなどの医療用具が残ってしまわぬよう数えたりします。外回り看護師は手術の前と後に担当の患者にあいさつに行き、顔の確認、当日の流れや手術後のことについて等手術に関する全体的な説明をしたり、手術がスムーズに進行するように周りに気を配りサポートします。全身管理を麻酔科医と協力して行ったりもしています。手術室看護師は器械の名称や各々の術式の手順を覚えたり、医師それぞれの癖などを把握しなければなりません。そのため、働き始めは大変ですが一度覚えてしまえば後はやることはあまり変わらないため、ベテラン看護師以外にも新卒や若手看護師でも活躍されています。 

手術室看護師のメリット

では、今から私がいいなと思う手術室看護師のメリットを具体的に3つご紹介します。

①日勤帯が主な業務時間

まず、土日、祝日は医師がお休みのため、通常オペはされません。また夜間も医師は帰宅されるためオペはされません。例外を除き平日の日勤帯で手術は施行されるため出勤も平日の日勤帯が主になります。そのため待機で出勤する日を除き、土日、祝日が休みというカレンダーと同じ流れになるため、主婦の看護師が多いようです。若手看護師も他職種の友人と予定を立てやすいので働きやすいです。また病棟看護師のように受け持ち患者がいるわけではないので、もし万が一病気で仕事を休むことになっても代理がたてやすく、融通が効く点も手術室看護師のいいところです。

②医師がすぐ近くにいる!

隣に医師がいて執刀しているため、患者の急変時にすぐ指示を聞くことができ、素早く対応できます。病棟では医師がすぐ近くにいるときに急変ということは滅多に起こらず、看護師の力量が問われある部分が多いですが、手術室では医師がすぐ対応できるため、病棟に比べて負担は大きくないでしょう。

③ナースコールなし!

手術室は病棟の様に常に入院患者がいるわけではないので、ナースコールはありません。病棟では頻回にナースコールが鳴っており、ナースコールの音で精神的に負担を感じる看護師も多いですが、手術室はナースコールによる精神的負担がなく、自分のペースで仕事を進められます。また患者のご家族に対応することもないため、病棟看護師のようにご家族からのクレームによるストレスを感じなくて済むため、精神面での負担は少ないです。

手術室看護師のデメリット

先ほどは手術室看護師の業務時間やコールがない等良い点を紹介しました。しかし、良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。今度は手術室のデメリットについてお話ししたいと思います。

①技術が身につかない

手術室では看護師は主に機械だしや除圧を行います。採血やラインの確保といった医療行為は看護師ではなく麻酔科医が行うため、普段病棟看護師がやっているような医療技術はやる機会が少ないためなかなか身につきません。もし基本的な技術を身につけたいのであれば、手術室看護師はオススメしません。

②帰宅時間は日によってバラバラ

手術室看護師なその日の手術時間や手術件数によって帰宅時間が大きく左右されます。一件の手術が長引き、遅れ遅れになってしまったり、手術が何件も重なったりしてしまうとなかなか定時では帰れません。17:00に上がれあることもあれば20:00にやっと帰れるということもあります。手術では何が起こるかわかりません。そのため急に予定より時間オーバーするということもあるため、その日になってみないと何時に帰宅できるかわからないといったところはあります。

こんな方におすすめ

  • 仕事とプライベートを両立したい
  • カレンダーと同じような休みをもらいたい
  • ナースコールという精神的負担を感じることなく働きたい
  • 人間の体内の構造を生で勉強したい
  • 患者と関わる時間を最小限に抑えたい

手術室看護師の転職におすすめのサイト

手術室の看護師求人には看護のお仕事が強いと言われています。

他の施設形態

Page Top