HOME » 施設形態から考える » 学校看護師の求人

学校看護師の求人

まず始めに学校看護師と聞くとイメージするのは…

  • 定期健康診断や学校行事の際に活躍する
  • 看護師や保健師というより学校の先生という指導者としての立場が強いイメージ
  • 勤務時間がきちんとしてそう
  • 生徒との関わりが難しそう
  • 具体的にどんなことをしているのかよくわからない
  • いつも保健室、医務室にいて仕事をしている
  • 働きやすそう

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、学校看護師について少し興味があると思います。

ここのページでは学校ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、学校看護師に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

学校看護師について

学校で働く看護師や保健師のケアの対象はその学校で勤務する先生方と生徒です。病院と違って疾患を抱えているわけではないため、元気な人が大半ですが、中には何らかの悩みを抱えている人もいます。先生方や生徒たちと積極的にコミュニケーションをとり、健康についてや悩みの相談を聞くなどメンタルのケアをしていくことも仕事の一つです。また怪我の処置や病気発症時の対応もします。その他に、学校ならではの事務的な作業もこなさなくてはなりません。年収は300~500万程度であり、日勤のみの仕事でありながら安定した収入を得られるため人気が高いです。しかし、求人が一般公開されることはほとんどなく、看護師転職サイトを活用することをお勧めします。

学校看護師のメリット

では今から学校の保健室や医務室で働く看護師、保健師のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが学校で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①日勤帯かつ土日、祝日休み

学校の医務室や保健室で働く看護師の最大のメリットは勤務時間だと言えます。多くの看護師は病院で働き、三交代や二交代の勤務帯の中、定期的に夜勤や早番、遅番などの役割をこなし、勤務の時間帯がバラバラだと思います。しかし学校で働く看護師は生徒、先生方がいる日勤帯のみの仕事となります。夜勤はもちろん、早番や遅番など特殊な勤務時間もありません。また学校の運営に合わせて仕事をするため、だいたい土日、祝日休みになります。残業も少なく、休日もしっかりと休むことができるので、プライベートと仕事の両立がきちんとできる魅力があります。

②教師を経験できる

みなさんの中には、学生時代に学校の先生になってみたいかも!生徒に何かを教えたり、慕われたりするのもいいな!など、考えた人もいるのではないでしょうか。学校での仕事となると、看護師や保健師としての仕事の他に、生徒の不安や悩みを聞きアドバイスをしたり、適切な指導をしたりと、教師のような役割も担ってきます。指導する側としての立場上、苦労も尽きないと思いますが、以前から生徒と関わる仕事に憧れを持っていた方にとってはやりがいを感じると思います。

③対象者は健康者

学校で働くため、健康をサポートする対象者は学校の先生方と生徒になります。病院と違って、対象者は健康な人なので、職場に病原菌が蔓延することもなく、自分も明るく健康を保てます。また、医療の現場と違い、生命の危機にさらされている患者や苦痛で苦しむ患者はいないため、病院で働くよりも精神的に穏やかに働くことができます。

学校看護師のデメリット

先ほどから学校看護師の勤務時間や休日について、教師という素晴らしい職業を経験できる等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に学校看護師のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①募集が少ない、かつ倍率が高い

学校の医務室や保健室で働きたいと考える看護師、保健師の方は非常に多く、人気の高い求人情報となるためなかなか普通に探しても良い案件に出会えません。募集が少ない上に倍率が高いため、求人情報が一般に公開されていることもほとんどありません。看護師転職サイトを使い、有効に転職活動することをお勧めしますが、臨床経験年数などを問われることもよくあります。看護師、保健師としてのキャリアがない方だと、雇用されにくい場合があるたも、注意が必要です。

②スタッフは自分1人だけ

基本的に学校の医務室や保健室で働く看護師、保健師は1人だけです。学校医は常駐していません。そのため、何かあった場合、緊急時の対処も全て1人で判断して動かなくてはなりません。怪我の対応、相談、事務的な作業など通常の仕事も1人でこなしていかなければならないため、1人で仕事をすることに不安わ感じる方、看護師や保健師としての経験年数が浅い方にはあまりお勧めできません。

こんな方におすすめ

  • 看護師、保健師としてキャリアがある方
  • 教師という指導者としての仕事を経験してみたい方
  • 夜勤がない、土日、祝日が休みという職場に転職を希望している方
  • 職場にスタッフが自分一人であっても不安にならず、自信をもって働ける方
  • 子供が好きな方

学校看護師の転職におすすめのサイト

学校看護師の求人は看護のお仕事をご覧ください。無料登録後すぐにサービスを利用できます。

他の施設形態

Page Top