HOME » 施設形態から考える » 大学病院の求人

大学病院の求人

まず始めに大学病院と聞くとイメージするのは…

  • 最先端の医療を提供している
  • 一般の病院より規模が大きい
  • 他では助けられないような患者がたくさんいる
  • スタッフの数が多い
  • 施設が充実している
  • 新人教育をきちんとしている
  • 専門性の高い知識が身に付く

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、大学病院について少し興味があると思います。

ここのページでは大学病院ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、大学病院に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

大学謬院について

大学病院とは臨床教育、臨床研究、臨床試験の3つの機能を担うために大学が経営している大学附属の施設です。病床数は1000床を超える病院が多く大規模であり、最先端の医療を提供しています。また、一般の病院では手に負えない難病患者や重症患者も入院しており、多くの症例を学ぶことができ、看護研究も進んでいます。教育では大学病院それぞれ教育システムを構築し、新人から1人前の看護師になるまでサポートしたり、中堅看護師がリーダーシップ教育や、認定看護師や専門看護師になれるよう支援したりと、教育体制が充実しています。とても多くのスタッフが働いており、職種も様々です。それぞれの職種の方と関わる機会があり、コミュニケーション能力も高まります。

大学病院のメリット

では今から大学病院のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが大学病院で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①学べる機会が多い

大学病院は高度医療機関として、最先端の医療機器や技術を取り入れたり、難病と言われる治療困難な疾病を抱える患者を多く迎え入れています。小規模な病院では最先端の機器や技術、難病患者について学びたくても、様々な理由からその機会がやってくることはないため、大学病院での経験は貴重なものとなります。また、大学病院では院内研修や勉強会なども開催される頻度が高く、他の病院に比べると学ぶチャンスを多く獲得することができます。新人看護師やさらなる知識、技術を身につけたい看護師さんなど、向上心が高いに人には望みが叶う環境だとおもいます。他ではなかなか経験することができない知識や技術を習得し、様々な症例の患者さんと関わりながら自分なりの看護を高めていってはどうでしょうか。

②教育体制が整っている

大学病院の担う役割の一つに教育があります。ですから、先ほども話したように学ぶ機会が多いのです。特に新人看護師や若手看護師など、まだ看護師として経験が浅い人にはきちんとした教育が必要です。大学病院では、クリニカルラダーと呼ばれる教育システムを採用しているところが多く、一人前の看護師として育てられる環境が整っています。またプリセプター制度も導入されています。他の病院などでも、プリセプター制度をとりいれているところはありますが、大学病院のようにきちんと教育されないところもよくあるため、プリセプター制度があるから安心と他の病院をすぐに選ばない方がいいと思います。特に新人看護師の場合は大学病院できちんとした教育を受けることをお勧めします。

③安定した収入

大学病院は大学が経営する病院のため、比較的経営が安定しているところが多く、将来的にみても安定した収入が得られます。民間経営の小規模な病院などでは赤字経営になったり、ボーナス削減になったりと経営に不安がある病院も多いですが、大学病院ではその点について安心することができます。また、大学病院は公務員の給料制と同じため、長く勤めるほど、給料はより高くなります。ボーナスも他の病院に比べて高いところが多く、福利厚生も充実しているため、魅力がたくさんあります。

大学病院のデメリット

先ほどから大学病院の学ぶ機会が多い点や教育体制が整っている点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に大学病院のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①スキルが身につかない

大学病院では、一般的に看護師が身につけておくべきスキルである点滴は研修医が行います。その他にも一般病院の看護師が普通に行っている胃管挿入や抗がん剤投与など侵襲の大きい医療行為は全て研修医が経験を積むために行うため、看護師には実施する機会が回ってこず、なかなか看護師として習得しておくべきスキルが身につけられません。ずっと大学病院で働くと決めている人ならそれもいいかもしれませんが、そうでない人は一般病院に移った際、点滴や胃管挿入など、やったことのない処置を普段からやらなければならないため、苦労することが多いと思います。

②時間外が多い

大学病院に限ったことではありませんが、時間外労働があります。特に大学病院は難病患者や重症患者が多く、勤務時間すぎても仕事が終わらないことが多々あります。また、大学病院によってですが、研修や勉強会を休みの日に行うなどもあり、意外と勤務時間外の労働が多いです。

こんな方におすすめ

  • 学ぶことが好きな方、向上心がある方
  • 最先端医療の経験を積みたい方
  • しっかりとした知識の基礎を身につけたい方
  • 難病治療、看護に興味がある方
  • 安定した収入を得たい方

大学病院の転職におすすめのサイト

人気のサイトは看護のお仕事です。登録後に見ることができる非公開求人に、好条件の求人があります。

他の施設形態

Page Top