HOME » パターンから考える » 国際看護師として活躍したい!

国際看護師として活躍したい!

日本では今、看護師不足が問題となっておりますが、この看護師不足に悩んでいる国は日本だけではありません。世界中の国々で看護師不足は社会的な問題になっているのです。

この問題を聞き、日本ではなく世界のどこかで看護師として活躍できたらないいなと思った方もいるでしょう。アメリカで最先端医療を学びたい!発展途上国などの医療環境が整備されず、満足のいく医療を受けれない人たちを少しでも助けたい!など、海外で活躍したいと考える理由は様々だと思います。

しかし、その思いが本物だとしても、どうやったら海外で看護師として働けるのか、その手段を知らない人も多いのではないでしょうか。

実際、現代では世界各国共通の看護師免許や資格は存在せず、日本国内で取得した看護師免許を持っていても通用しません。海外の医療機関で看護師として勤める場合、派遣される国での看護師資格が必要になるケースが多いです。

そのため、海外で看護師として働きたいのであれば、まず働きたい国を決定し、看護師資格の取得方法や取得条件などの情報を集めましょう。その上で勉強し、その国の制度に応じて資格を取るのです。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどは比較的資格を取得しやすいです。これらの国は登録制度という優遇措置をとっており、日本の看護師免許を持っていれば試験が一部簡略化され、限定的な資格を取得することができます。特にこの国じゃなきゃダメ!ということがないのであれば、資格の取りやすい国で就労を検討することをお勧めします。

ただし、中には海外で働きたいのではなく、ボランティアとして国際医療に携わりたいと考えている方もいると思います。その場合、日本の看護師免許だけで通用する場合がほとんどです。

海外で看護師として活躍する方法

では実際、どうすれば海外で看護師として活躍できるのでしょうか。具体的にいくつか方法を挙げたいと思います。

①看護師の海外ボランティア

まず一つ目は、海外向けにボランティアをしている団体に参加するという方法です。国境なき医師団や青年海外協力隊(通称JICA)はみなさんも一度は聞いたことのあるくらい有名な団体です。他にもNGOやNPO団体があり、一度はホームページで詳しく調べてみると良いでしょう。また海を越える看護団(通称ジャパンハート)という団体もあります。

そろぞれ団体に参加するには条件や審査などがあるようですが、それらをクリアすることであなたも海外ボランティアとして海外で活躍できるようになります。

②日本看護協会の情報

日本看護協会は国際看護師協会(ICN)と国際助産師連盟(ICM)に加盟しています。そのため、日本看護協会の会員の方はICNやICMの活動に参加できます。

また、各国の看護職と交流する機会も提供しているため、海外の看護師の情報など手に入れたい方は活用してみてはいかがでしょうか。他にも様々な国際的活動を展開しているため、興味がある方はホームページをチェックしてみるといいと思います。

③海外の国々で看護師免許を取得

先ほどもお話しましたが、実際に海外の国々で看護師として就労するのであれば、その国の看護師免許を取得する必要があります。取得方法や条件は国により異なりますが、ニュージーランドは、日本の看護師免許を取得していれば、あとは必要な書類を提出するだけでニュージーランドの看護師免許を発行することができます。

またイギリスでは、本登録までに研修をこなさなければなりませんが、ニュージーランドと同様に、日本の看護師免許を取得していれば、必要な書類提出でイギリスの看護師免許を発行できます。またイギリスの看護師資格の場合は、EU諸国(一部の国を除く)やオーストラリア、ニュージーランドで働くことが可能となります。

オーストラリアの場合は英語力試験、筆記試験、研修などをクリアしなければなりませんが、日本人看護師の編入学受け入れなどを実施しているため、比較的資格取得しやすいと言えます。

その他の国では基本的にその国の看護師試験を受験し合格して資格を取得しなくてはなりません。

求められる英語能力

海外で看護師として活躍したいのであれば、資格取得も必要ですが、英語力がなければ難しいです。英語ができないと基本的にコミュニケーションがとれません。

求められる英語能力を判断する基準はその国ごとにことなります。オーストラリアの場合、IELTS(International English Language Testing System)7.0ポイントをとるか、もしくはOET(Occupational English Test)という試験に合格する必要があります。

ニュージーランドでは、オーストラリア同様、IELTSのスコア7.0ポイントまたは、OETのB bandが英語力の基準となっています。

イギリスの場合はIEFTS(アイエルツ)と呼ばれる英語検定を受験する必要があります。日本で言うTOEFLやTOEICの様なものです。

日本では聞きなれない英語能力の検定基準のため、よくわからない方も多いと思いますが、日常会話がスラスラとできる以上の高い英語能力が求められています。

このように海外で看護師として活躍するためにはいろいろな方法や求められる条件などがあります。あなたの希望に合った土地であたなのやりたい看護を実践できることを願っています。

国際看護師の転職におすすめのサイト

国際看護師の仕事を探されている方は看護のお仕事でに登録して非公開求人をご覧ください。

他のパターン

Page Top