HOME » 転職理由から考える » 急性期病棟で働く看護師の転職理由

急性期病棟で働く看護師の転職理由

急性期病棟は忙しくて有名ですがその分やりがいがあることが多い職場です。急性期病棟独特のスピード感が自分には合っているという方も多くいらっしゃいます。若い方から中堅の看護師さんが割合多く働いており、活気もあります。スキルや知識、判断力なども身に付き、様々な症例も多いことから、経験を積むには良い環境であると言えます。

いろいろとメリットのある急性期病棟ですが、実際のところ急性期病棟を離れ別の科へ転職した看護師の方も多くいらっしゃいます。ではなぜ、その人たちは急性期病棟で働くのを辞めようと考えたのでしょうか。もし、これから急性期病棟で働きたいと考えている方がいたら、ぜひ経験者の話を参考にし、検討していただけたらと思います。

急性期病棟で働く看護師の転職理由

では今から、急性期病棟で働く看護師がなぜ転職を考えたのかをお話していきます。しかし、転職理由は十人十色なので、ここに載せる理由が全てではありません。

①とにかく忙しい

急性期病棟は緊急入院や救急に対応しているため、急患が入院してくりることが多いです。定時入院と違い急患の場合は予定外のことですから、急にやることも増えます。そのため、急患の入院が決まると病棟が一段と慌ただしく、忙しさを増します。勤務時間の終了間際になって急患が来ると、対応に追われ余裕で定時を過ぎ、残業に突入していることもあります。しかし、中途半端に業務を引き継ぐことはできないため、ある程度切りの良いところまで対応を終えなくてはなりません。残業は当たり前!こんなことは日常茶飯事なのです。

また、急性期病棟は状態が急変しやすい患者さんが多いですから、24時間オンコール体制が基本です。そのため、日勤だけでなく夜勤もこなしていかなければなりません。そして不思議なことに、患者さんは夜勤帯で亡くなることがけっこうあります。夜勤帯という少ないスタッフの中、急変に対応しなくてはならず、かなり忙しくなります。いくら体力のある若手看護師さんでも不規則な生活の上に、夜勤がハードだと身体を壊してしまう方もいます。

夜勤だけではなく、日勤帯でも急変は起こります。その際もやはり優先的に対応しなくてはならず、他の仕事が中断されます。日勤帯では夜勤帯と違い、他患者の検査や処置なども多くあり、回らなくなってしまいます。残業はしょっちゅうあることですし、体力的にとても負担のかかる仕事です。忙しさやスピード感、体力的についていけず転職を考える方は非常に多いです。

②自分を責めてしまうことも…

急性期病棟には様々な症状の患者さんや重症な患者さんもいらっしゃいます。それぞれに適切かつ迅速な対応をしなければなりません。しかし、忙しさのあまり判断ミスをしてしまうことや、患者さんの些細な異変に気づくことができないということもあります。医療事故に繋がるようなミスならば当然ヒアリ•ハットの報告書を提出しなければなりませんし、その回数が多かったり、立て続けにミスをするとやはり人間ですので落ちこんでしまいます。自信喪失にもなります。

また、患者さんが急変し亡くなることは仕方のない場合もあります。しかし、亡くなる前に関わっていた看護師や受け持ちだった看護師は、急変の原因は私が何かミスしたのでは、あるいは何か気づけなかったのではと考えてしまうこともあります。このように自分自信を追い込み過ぎて精神的にストレスがかかり、辞めるという決断に至る方も少なくありません。

③患者さんとじっくり向き合うのが難しい

先ほどからお話していますが、急性期病棟は忙しく、時間との勝負というときもあります。そのため、患者さん一人一人と向き合い、じっくりコミュニケーションをとるのは困難です。看護師さんの中には、看護師というのは患者さんとじっくり関わり、悩みなどを聞きながら寄り沿ってあげるのが仕事だと考えている人もいるでしょう。そういう考えを持っている方は現実と理想のギャップがあり、自分には向いていない、合わない、私のしたい看護ができない!と他の科への転職を希望する方もいらっしゃいます。

急性期病棟への転職を希望しているみなさまへ

今までに急性期病棟での経験がない方だと"急性期病棟の忙しさ、スピード感についていけるだろうか""職場の人間関係は大丈夫だろうか"など様々な不安を抱えながら急性期病棟へ転職するかどうか悩んでいると思います。実際働かないと判断できない部分もあると思います。

しかし、就職先の内情を知らないまま転職しては、失敗する可能性が高いです。そのため、求人サイトを活用して職場の雰囲気などを事前に教えてもらいましょう。

急性期の転職におすすめのサイト

急性期求人は看護のお仕事が一番良いでしょう。専任のコンサルタントからアドバイスももらいましょう。

他の転職理由

Page Top