HOME » 転職理由から考える » 産婦人科で働く看護師の転職理由

産婦人科で働く看護師の転職理由

看護師として働く中で死に直面する機会は多々ありますが、新しい生命の誕生という貴重な場面に立ち会うことができる職場は産婦人科だけです。また、子供が好きな看護師の方も多く、とても人気の高い職場となっています。

しかし人気の高い仕事にも関わらず、実際のところ産婦人科を離れ別の診療科へ転職した看護師の方も少なくありません。ではなぜ、その人たちは産婦人科看護師を辞めようと考えたのでしょうか。

産婦人科には助産師さんも働いていますが、今回は助産師の資格を持たない看護師さんの転職理由に焦点を当ててお話ししたいと思います。もし、これから産婦人科で働きたいと考えている看護師の方がいたら、ぜひ経験者の話を参考にし、検討していただけたらと思います。

産婦人科看護師の転職理由

では今から、産婦人科看護師がなぜ転職を考えたのかをお話していきます。しかし、転職理由は十人十色なので、ここに載せる理由が全てではありません。

①看護師は助産行為ができない

産婦人科では、助産師の資格を取得しているか、取得していないかで業務内容が大きく変わってきます。法律でも定められていますが、助産師は分娩の重要な役割を担うことができます。そして看護師より専門性の高い知識を持っている分、ドクターからの信頼も厚いです。また、病院としても何かトラブルが起きた場合に備えて、夜勤の際は必ず助産師が1人夜勤スタッフにいるよう配置しています。そのため、産婦人科の臨床現場では、当然のことながら助産師を重宝する傾向にあります。

助産師と看護師の関係が上手くいっていない職場もあり、そのような職場では助産師が看護師を見下した態度をしてきたり、ほぼ雑用の様な仕事しか任されなかったりします。

また、少子化と呼ばれる現在は当然のことながらお産の件数も減少傾向です。そのため、総合病院の産婦人科のほとんどは混合病棟化しているのが現状です。他科が満床で産婦人科の病床ベッドが空いていたら、そこに他科の内科や整形外科などの高齢者が転棟してきたり、緊急入院してきたりするのです。そしてその患者さんたちの担当は、だいたいが看護師に任されます。助産師は優先して産婦人科、特に産科の患者さんを担当することになっているようです。

このように産婦人科は、助産師の資格があるかないかで大きく違います。それでも分娩に携わりたい!と助産師の資格取得を目指す前向きな方もいらっしゃいますが、中にはやはりこのような差別と言っていいほどの扱いに悩み、他科へ移ろうと希望する方も多いようです。

②非常に多忙な職場

出産予定日は妊娠したときから決まっており、だいたいその日に合わせて準備していきます。しかし、出産予定日当日に生まれてくる赤ちゃんはほとんどいません。多くの場合は少し予定日より出産が早まったり、遅れたりします。また、陣痛は突然やってきます。昼間来ればいいのですが、夜間帯に来ることもあり、いつ状態が変化するのかわからないのが出産です。分刻みで変わっていくため、勤務時間終了間際になって急に陣痛が起こったり、緊急帝王切開になったりして残業をすることも多くあり、とても忙しいです。

また、出産後の産婦さんや生まれたばかりの赤ちゃんは、状態が急変しやすいこともあり、常に状態観察が必要ですので緊張感もあり、なかなか気が休まることはありません。

急性期病棟も忙しいですが、更に産婦人科の方が忙しいと感じる方も多いようで、多忙さについていけず辞めてしまう方も少なくないようです。

③悲しい現実に立ち会うことも…

誰もが赤ちゃんに、無事健康に生まれてきてほしいと願うものですが、現実はそう幸せなことばかりではありません。流産や死産となってしまう場合や生まれてきたら奇形児だったという場合もあります。突然の悲しい事態に妊婦や夫はショックを受け戸惑ってしまいます。そんな悲しい現実を受け入れ、前に進めるよう看護師は援助していかなくてはなりません。しかし、実際に心のケアをするのは言葉かけなどが非常に難しいです。また、妊婦や夫の悲しみを共有するため、辛い気持ちがよく理解できてしまうが故、看護師も精神的にキツイ部分があります。

このように、幸せなことばかりではなく、辛く悲しいことにも携わっていかなくてはならないため、精神的に大きな負担を感じ、産婦人科を離れようと決意する方もいるようです。

産婦人科への転職を希望しているみなさまへ

今までに産婦人科の経験がない方だと"助産師さんと上手くコミュニケーションはとれるだろうか”"多忙な職場環境についていけるだろうか"など様々な不安を抱えながら産婦人科へ転職するかどうか悩んでいると思います。実際働かないと判断できない部分もあると思います。

しかし、就職先の内情を知らないまま転職しては、失敗する可能性が高いです。そのため、求人サイトを活用して職場の雰囲気などを事前に教えてもらいましょう。

産婦人科の転職におすすめのサイト

人気のエージェントは看護のお仕事です。産婦人科の求人も取り揃えられています。

他の転職理由

Page Top