HOME » 科目から考える » 産婦人科の求人

産婦人科の求人

まず始めに産婦人科と聞くとイメージするのは…

  • 助産師が強そう…
  • 新たな生命誕生に携われる職場
  • 妊婦が多く、幸せいっぱいないな雰囲気がありそう
  • 女性ならではの疾患が多いから共感し、寄り添った看護ができそう
  • 生まれたばかりの赤ちゃんのお世話ができる

など、実際のところは知らないけどこんな感じだろ…と産婦人科に対して様々な印象をお持ちだと思います。

ここのページでは産婦人科ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、産婦人科に転職することのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

産婦人科について

産婦人科は産科と婦人科とに分けられ、産科は妊娠、出産、産後という一連の流れの中で必要な看護を行い、婦人科は更年期障害、女性生殖器の腫瘍疾患、性感染症から月経困難症、不妊治療まで女性に関する様々な疾患を扱います。また、産婦人科を扱っている病院も総合病院のような大きい病院からクリニックなどの小さい病院まで様々です。病院によって特徴は違いますが、主な看護業務としては、いつ出産するかわからない妊婦のため24時間サポートできる体制を整えておくこと、血液や尿検査、血圧測定などの検査業務、服薬指導、母子の健康管理や授乳指導、赤ちゃんの沐浴やおむつ交換などの産後の業務があります。助産師は主に分娩時ですが、看護師は主に出産前後の関わりが多いです。

産婦人科のメリット

では今から産婦人科のたくさんあるメリットの中から代表的なメリットについて2つご紹介します。

①生命誕生の瞬間に立ち会える

看護師という職業上、人の死という場面に立ち会うことは多いですが、新たな生命の誕生というなかなか経験できない貴重な瞬間に居合わすことができるというのは、数多い診療科目の中でもこの産婦人科だけです。普段仕事で疲れていても、赤ちゃんが誕生する瞬間を目にするとパワーをもらえますし、何度見ても感動する光景だと思います。また、まだ出産経験のない看護師にとっては産婦人科に勤めることによって、妊婦さんと出産の前後から関わるため、妊娠・出産という一連の流れや、妊婦の心構え、新生児の扱い方等を学ぶことができ、将来自分が子供を出産するときの予習にもなります。逆にすでに出産を経験したママさんナースであれば、もう一度新たな生命の誕生というかけがえのない瞬間を体験できるだけでなく、経験者な分、妊婦の気持ちを理解でき、寄り添った看護が提供できることでしょう。

②産婦人科以外の知識・技術が身に付く

先ほども言いましたが、産婦人科は出産の前後に妊婦や新生児に関わる産科と女性特有の疾病を治療する婦人科という2つの科を併せ持っています。そのため、まず妊娠、出産のサポート、妊婦の定期検診時の計測など産科としての知識、技術と更年期障害や性病など婦人科としての知識、技術が必要になります。さらに自然分娩ではなく、帝王切開による出産や子宮筋腫などの治療として外科的手術を行うこともあるため、外科的知識や技術も必要になります。新生児の中には病気を持って生まれてくる子や、新生児の育成中に病気や何らかのトラブルが起こることもあるため小児科の分野も関わってきます。このように産婦人科で働く看護師には、多方面の分野の知識や技術が必要になるため、向上心のある方にはやりがいの感じられる職場だと思います。

産婦人科のデメリット

先ほどから産婦人科の生命誕生に携われる、幅広い知識と技術が身に付く等、良い点ばかりを紹介してきましたが、もちろん良い点もあれば、あまりお勧めできない点もあります。次にデメリットについて少しお話しします。

①リアリティショックがある

出産と聞くと、大体は新たな生命の誕生で喜びいっぱい、幸せいっぱいというポジティブなイメージを思い浮かべると思います。しかし、実際の現場ではそういうプラスな場面ばかりではありません。何らかの原因によって自分の我が子と出会えず、流産、死産してしまう妊婦もいれば、望まない妊娠によって人工中絶を希望する方もいらっしゃいます。幸福なイメージだけで産婦人科を選んでしまうと、このような厳しい場面に直面したとき、イメージと現実とのギャップに悩んでしまう方もいると思います。また、辛い現実を乗り越えていかなければならない患者に対して精神的サポートをしていく必要があり、産婦人科で働く看護師には精神的強さを求められるでしょう。

②助産師との関わりが大変なことも…

産婦人科には看護師はもちろん、助産師も働いています。産科では言うまでもなく、看護師より助産師の方がより専門性の高い知識を持っていますから、病院によっては、助産師を優先的に採用したり、助産師の資格がない看護師は産科ではなく婦人科の仕事ばかりということも少なくありません。また、助産師の中には看護師よりも立場が上という考えを持っている方もいるようで、看護師に対して雑用的な仕事をさせてくるという方もいるようです。もちろん、そういう職場だけではなく、お互いに助けって仕事もしているところもあるため、職場選びが重要になってくるでしょう。

こんな方におすすめ

  • 新たな生命誕生という貴重な瞬間に携わりたい方
  • 女性ならではの疾患について興味がある、勉強していきたいという方
  • 精神的に辛い経験をする女性に対して寄り添った看護をしたい方
  • 赤ちゃんが好きな方
  • 幅広い知識・技術を身につけたい方

産婦人科の転職におすすめのサイト

おすすめのサイトは看護のお仕事です。サービスの質には定評がありますので、よろしければご利用ください。

他の科目

Page Top