HOME » 科目から考える » 小児科の求人

小児科の求人

まず始めに小児科と聞くとイメージするのは…

  • 相手が子供だと治療が大変そう
  • 指示が入らなそう、どうしたらいいんだろう
  • 子供の病気を見るのは辛いだろうな…
  • 小児科って一般的な科と何が違うの?看護師はどんなことするの?

など関わったことの経験がない人は、小児科における看護師の役割が具体的にわかっていないと思います。

ここのページでは小児科ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、小児科に転職することのメリットとデメリットをいくつかご紹介していきます。

小児科について

小児科は子供を対象に診る診療科目です。大人対象の診療科は大きく内科と外科に分けられ、そしてさらに細かく各診療科目に分かれていきます。しかし小児科は小児外科を設けているところもありますが、多くの場合は内科も外科も小児科として診ます。また、小児看護は外来と病棟で業務内容が異なっています。外来では、主に医師の診察補助を行います。特に子供は指示が入りにくく、スムーズに診察が進まない場合があります。医師が診察や処置をしやすいように体位を整えたり、時には親の協力を得たり等、医師サポートをしていきます。病棟では患児が安全、安楽な入院生活を送れるよう様々な生活援助を行います。また患児たちにとって重要な支えである家族に対してねぎらいの言葉をかけたり、精神的なサポートをする等コミュニケーションをとります。生活援助が仕事の中心となります。患児の年齢や疾患、障害の有無に合わせて、療養生活がスムーズにいくように介助します。特に長期療養中の患児の場合、母親をはじめとする家族とのコミュニケーションも重要な仕事となります。闘病中の我が子の看病をしながら、家事や育児をする母親をねぎらったり、励ましたりすることも大切な役割です。

小児科のメリット

小児科についてメリットはたくさんありますが、その中で2つ、今からご紹介していきます。

①小児特有の知識が身に付く

小児科の対象年齢は新生児から中学生までで、小さいころから持っている疾患の場合は高校生までとなっています。内科、外科というくくりもないため子供に関するありとあらゆる疾患を抱えた患児が集まってきます。このため、小児科では成人を対象としたその他の診療科とは全く異なる知識が必要とされます。例えば小児科では発達段階に応じてバイタルサインの基準値や薬剤の適切な投与量、精神状態の変化などが異なってきます。成人では罹らない小児特有の疾患もあるため、それらの疾患についての知識も必要になってきます。このようにそれぞれの発達段階に合わせたデータや小児疾患についての知識、発達段階の心理変化など小児特有の看護知識が必要になってきます。また小児科では予防接種がよくあります。成人対象の診療科では、予防接種と言ったら毎年流行るインフルエンザの予防接種くらいなものです。しかし、小児科では麻疹や水痘といった予防接種法に定められる疾患に対して、決められている適切な時期に予防接種しなければならないため、働いていくうちに覚えていきます。これらの知識は自分が親になった時非常に役に立つという点もメリットだと思います。実際に日々看護師として働いていても、小児科の経験がなければ、子供の突発的な発熱や怪我に対してどのように対応していいか焦ってしまう方も少なくないので、子育ての際に役立ちます。また、ママさん看護師の中には子育てを通して小児看護に興味をもった、自分の子育ての経験を仕事に役立てたいという方も多いと思います。そのような子育てで培った技術や知識を小児看護で生かしたいと思っているママさん看護師にも小児看護はお勧めです。

②小児特有のスキルが身に付く

小児科は対象が子供のため、成人を対象とした他の一般的な診療科にはない悩みがたくさんあることは想像がつくと思います。まず、注射やルート確保を行う場面で、大人ならちょっとした痛みを我慢し、じっと耐えてくれますが、子供が相手だとそうもいきません。針を見るだけで泣き出したり暴れだしたりする子もいます。ある程度大きい患児は治療行為の必要性を理解し、協力してくれる子もいますが、まだ何も難しいことは理解できないような小さい子には説明しても治療の必要性がわかってもらえないため、注射やルート確保が難しくなります。さらに加えて子供は血管が細く見えにくいため、ルートを確保する難易度が大人と比べて高くなります。患児を優しくなだめながら、いかに痛み刺激少なくルート確保を成功させるか等、小児看護には高いスキルが要求され、こなしていくうちに技術が身に付き自分のものになっています。

小児科のデメリット

先ほどから小児科の良い点ばかりを紹介してきましたが、もちろん良い点もあれば、あまりお勧めできない点もあります。今度は小児科看護のデメリットについてお話しします。

①コミュニケーションが困難

子供は自分の思っていることを言葉にして表現するということが上手くできません。そのため意思疎通を図ることが難しいです。大人なら痛みがあれば、それを言葉にして正確にどこが痛いのか、どんな痛みなのか等伝えてくれます。しかし、相手が子供だと泣いていても、なぜ泣いているのか答えてくれなかったり、理由がよくわからなかったりします。そのためどうして泣いているのか、痛いから泣いているのか、不安なことがあるから泣いているのか等、自分で原因を考え、対応していく必要があります。子供の感情を汲み取っていかなければならないため、大人を対象とした看護より苦労します。

②家族への対応が大変

ご家族への対応は、成人対象の一般的科でもあることですが、小児科の場合、ご家族の対象は主に親であり、親は我が子に対して過剰なほど心配します。大事な大事な我が子のことですからそれは当然なことですが、ちょっとしたことですぐクレームにつながることもよくあるため、医療従事者側からしたら理不尽に感じると思います。中には俗にいうモンスターペアレントもいるため、精神的に大きな負担がかかり、疲れてしまうことも少なくありません。

こんな方におすすめ

  • 子供が大好き、小児看護に興味がある
  • 子育て経験のあるママさんナース
  • 将来、親になった時のために小児看護を経験しておきたい
  • 高いスキルを身につけたい

小児科の転職におすすめのサイト

小児科のお仕事探しは、求人情報が多数掲載されている看護のお仕事をご覧ください。

他の科目

Page Top