HOME » 業務内容から考える » 空港看護師の求人

空港看護師の求人

まず始めに空港看護師と聞くとイメージするのは…

  • 病院で働くのとは違ってなんかかっこいい
  • どんなことをするんだろう?
  • どうしたら空港で看護師として働けるんだろう?
  • 空港看護師になるのは難しそう

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、空港看護師について少し興味があると思います。

ここのページでは空港看護師ではどんな看護をしているのか紹介しつつ、空港看護師に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

空港看護師について

空港で働く看護師は大きく2種類に分けられます。一つは空港内に設置されている医務室や診療所、クリニックなどで働く看護師です。これは、空港運営会社が経営していると思っている方が大半だと思いますが、実は違います。一般の民間病院が設置•経営を行っているのです。そのため、空港会社の職員になるのでなく病院の看護師求人を受け就職後、空港で働く看護師として空港に勤務する場合があります。中には始めから空港で勤務する看護師として求人がでることもありますが、求人は少ないです。仕事内容は空港で働いている各空港会社の社員、空港運営会社の社員や客室乗務員、あるいは空港利用客や乗客に怪我や急病人などが出た場合に迅速に処置などの適切な対応を行います。

二つ目は検疫官として働く看護師です。これは厚生労働省が求人を出すもので、主要な空港内の検疫所で感染症に掛かってる人はいないかチェックする検疫業務や健康相談、予防接種などの業務を行います。検疫官の仕事は厚生労働省のホームページに求人案内が出ていますが、欠員が出た場合のみ募集されるたみ、いつも募集がかかっているわけではありせん。

空港看護師のメリット

では今から空港看護師のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが空港看護師で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①人間関係で悩むことが少ない

空港内に設置されている医務室やクリニック、診療所で働くスタッフは一般的に医師1人、看護師1人、事務員1人の2〜3人体制となっています。空港以外の一般的なクリニックや診療所では、働くスタッフは基本的にもう少し多いです。大きな病院と比べると人数は少ないですが、少ないなりの人間関係のトラブルがあったと思います。しかし、空港内の医務室やクリニック、診療所で働くスタッフはさらに少ないため、あまりトラブルが起きることはありません。人間関係でいつも悩まされていた方は空港で働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

②福利厚生が受けられる

空港内の医務室やクリニック、診療所で働くには、民間の病院で正職員として採用される必要があります。正職員ですので、もちろん社会保険や年金などの福利厚生をきちんと受けることができます。また、検疫官については厚生労働省からの求人となるので、採用された場合、国家公務員と同じ扱いになります。国家公務員になると、共済組合になるため、将来年金のもらえる額も上がります。

③ストレスが少ない

基本的に空港で働く看護師の仕事は、各航空会社の社員や空港運営会社の社員の健康管理ですから、空港で何か大きな事故や災害が起きない限り、病院のように常に忙しなく働いているということはありません。常に患者がいるわけでもないのでナースコールもありませんし、ナースコールによるストレスを感じることもありません。そういった点ではストレスをあまり感じることなく仕事ができる環境であるといえます。

空港看護師のデメリット

先ほどから空港看護師の福利厚生がきちんと受けれる点やストレスが少ない点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に空港看護師のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①求人が少ない

まず、検疫官の仕事ですが、これは欠員が出ない限り募集されることはほぼありません。求人は非常に稀です。また、検疫官は全国の国際空港に転勤があるため、転勤可能な方でないと就職は難しいです。次に空港内の医務室やクリニック、診療所で働く看護師の求人ですが、これもかなり少ないです。まず、国内全ての空港内に医務室や診療所、クリニックが設置されているわけではありません。成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港にのみ設置されています。主要な空港以外に設置されていないため、空港で働きたいと考えていてもなかなか求人が見つからないのが現状です。

どちらの仕事も非常に稀な求人であり、転職サイトでもほとんど非公開の求人となっています。空港で働く看護師を強く希望されている方は個人的に求人を探すよりも、看護師求人に強い転職サイトへの登録をお勧めします。そうすることで、欠員が出た場合に教えてもらうことが可能なため、個人で探すよりはるかに効率が上がります。

②英語能力が必要

空港内の医務室やクリニック、診療所は主に国際空港に設置されており、国際線を利用する乗客は日本人だけではありません。様々な国の方が日本にやってきます。また、空港で働く看護師のケアの対象者はなにも乗客だけではありません。各航空会社の社員や客室乗務員、空港運営会社の社員も対象者です。各航空会社の社員や客室乗務員も日本人だけではありません。このため、世界共通語である英語を話せることは必須条件となります。

英語スキルの最低基準としては、TOEICのスコアが700点以上です。このレベルの英語スキルがないと空港で働くことは難しいです。しかし、スコアがなくても、同等の求められる英語スキル(例えば長い間海外で暮らしていたなど)があることが証明できれば、働くことも可能な場合がありますが、やはTOEIC700点以上は必要だと思います。

③夜勤がある

一般的な診療所やクリニックでは夜勤がある施設はほとんどありせんが、空港に設置されている医務室や診療所、クリニックは違います。国際線はほとんどが24時間運行しているため、例えば8:00-16:00、16:00-深夜0:30、0:00-8:30、16:00-9:00の様に交代制で 勤務するのが一般的です。国際線であっても便数が少なかったりなかったりした場合は夜勤がないこともありますが、基本的にあると考えていた方がよいでしょう。

こんな方におすすめ

  • 病院以外の活躍できる場を探している方
  • 空港で働くことに興味がある方
  • 英語が得意な方
  • ストレスの少ない環境で働きたい方
  • コミュニケーションが得意な方

空港看護師の転職におすすめのサイト

空港における看護師業務に興味をお持ちの方は看護のお仕事を利用して転職を成功させましょう。

他の業務内容

Page Top