HOME » 業務内容から考える » 治験コーディネーター(CRC)の求人

治験コーディネーター(CRC)の求人

まず始めに治験コーディネーター(CRC)と聞くとイメージするのは…

  • 誰でもなれるものなのか?
  • 何か特別な資格は必要なのか?
  • 給料はどれぐらいもらえるのだろうか?
  • どんな仕事なのだろうか?具体的にどんなことをすればいいのだろうか?

など、みなさんそれぞれ様々な印象を持っており、治験コーディネーター(CRC)について少し興味があると思います。

ここのページでは治験コーディネーター(CRC)に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

治験コーディネーター(CRC)について

治験コーディネーターとは新薬開発にあたり被験者のケアを行いながら医師のサポートをし、治験実施が円滑に進むよう被験者•医師•製薬会社の間の調整を行う仕事です。治験コーディネーターには医療機関に所属して治験コーディネーターとさかて働く場合と、SMO(医療機関が行う治験業務をサポートする機関)に所属して治験コーディネーターとして医療機関へ派遣される場合の二通りの働き方があります。それぞれ多少違いはありますが、業務内容としては、被験者への説明補助、来院や検査などのスケジュール管理、CRAへの報告、症例報告書を作成し製薬会社へ提出、治験関連者(被験者、医師、製薬会社、医療機関のスタッフ)間の調整などを行います。

治験コーディネーターの仕事は決して特別な資格が必要なわけではありませんが、業務の内容上看護師や薬剤師などの資格を持ち、臨床経験のある方が特に求められています。

治験コーディネーターの年収は地域や経験、能力などの差から大きく変動しますが、平均年収は250〜400万円前後だと言われています。しかし、高額な方だと年収は600〜800万円程になります。経験や能力次第では高収入を期待できます。また、地方よりも都心の方が給料は高くなるようです。

治験コーディネーター(CRC)のメリット

では今から治験コーディネーター(CRC)のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットが治験コーディネーター(CRC)で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①未経験者の積極的な採用

大半の看護師さんは治験コーディネーターという仕事をあまり耳にしたことがなく、看護師として経験を積んでいくにつれて、治験コーディネーターにも興味が出てきたという方が多いです。認知度もまだ低いため、治験コーディネーターを経験している方の人数が少ないということと、育成のノウハウが蓄積され、教育•研修体制の確立ができてきたということから、未経験者の方の積極的な採用が行われています。この仕事は特別な資格が必要なわけではありませんが、実際に被験者のケアをしたり、医師や医療機関のスタッフたちと連絡、調整などを行わなくてはならないため、看護師の方の活躍が期待されます。

②夜勤なし!土日休み!

治験コーディネーターは基本的に治験関連企業に正社員として勤めるため、福利厚生が充実しています。また企業に勤めるため、病院で働く場合と違い、仕事は基本的にシフト制ではなくカレンダー通りになります。そのため、休みは土日、祝日になるので、シフト制の勤務と違い計画を立てやすく、友人とも予定を合わせやすくなります。夜勤もないため、不規則な勤務体制の中生活をすることもありません。

治験コーディネーター(CRC)のデメリット

先ほどから治験コーディネーター(CRC)の未経験者の採用が活発な点やプライベートを充実させることができる点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次に治験コーディネーター(CRC)のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①医療現場に戻りにくい

治験コーディネーターというのは、基本的に被験者のケアや治験責任医師のサポート、治験が円滑に進むように調整を行うことが仕事です。そのため、看護師として培ってきたスキルはあまり必要ではありません。治験コーディネーターとして使う看護スキルはバイタルサインの測定くらいのようです。そのため、逆をいえば看護スキルを使わないため、衰えてしまう可能性があるということです。今後治験コーディネーターとしてずっと働くのであれば、スキルの衰えは構わないかもしれませんが、もしまた医療現場に戻ろうという考えがあるのであれば、いざという時なかなか戻りにくいかもしれません。

②求人募集が少ない

メリットでも話ましたが、治験コーディネーターの仕事は正社員として一般企業に勤めるため福利厚生が充実している上、夜勤がなく、土日休み、給料も比較的いいです。待遇や勤務条件がいいため、治験コーディネーターの仕事は人気が高くなっています。しかし、一度の募集人数はあまり多くなく、求人情報が一般的な求人サイトやハローワークなどで公開されることもほとんどありません。非公開求人情報として転職専門の支援会社で扱っていることが多いようです。そのため、もし治験コーディネーターを希望するのであれば看護師専門の転職サイトを活用することをお勧めします。活用することで、求人情報を得ることができる上、効率よく転職活動を進めることが可能となります。

こんな方におすすめ

  • 新薬開発に携わりたい方
  • 治験に興味がある方
  • プライベートを充実させたい方
  • コミュニケーションが得意な方
  • 病棟で忙しなく働くよりデスクワークをしたい方、体力的な負担を軽くしたい方

治験コーディネーター(CRC)の転職におすすめのサイト

治験コーディネーターの求人探しは看護のお仕事の実績が豊富です。

他の業務内容

Page Top