HOME » 業務内容から考える » エスコートナースの求人

エスコートナースの求人

まず始めにエスコートナース(搬送看護師)と聞くとイメージするのは…

  • エスコートナースってなに?
  • 具体的にどこからどこへ搬送するの?
  • どんなことをするの?
  • どんな人がなれるの?

など、みなさんあまり聞いたことのない言葉のため、イメージがつかない方もたくさんいらっしゃると思います。

ここのページではエスコートナース(搬送看護師)について紹介しつつ、エスコートナース(搬送看護師)に転職することのメリットとデメリットをお話ししたいと思います。

エスコートナース(搬送看護師)について

海外での仕事や海外旅行中、何らかの原因で怪我や病気をし、海外の病院へ搬送されたものの、日本での治療が必要と判断された場合、その患者は日本へ帰国しなければなりません。その帰国の際に重要となるのがエスコートナースです。エスコートナースは海外の病院から日本の病院へ患者が搬送される道中付き添い、患者の状態管理、急変時の対処などを行います。また、エスコートナースは海外の病院にいる患者さんを日本の病院に搬送するだけではなく、日本国内で怪我や病気をし、自国へ帰国しなければならない外国人の搬送にも同行します。搬送は主に飛行機であり、搬送中はエスコートナース一人の判断に委ねられ、できる処置が限られるため、看護師としての経験、知識、技術が求められる職業になります。また、英語能力も必須条件になるため、英語の得意な方には向いている仕事だと思います。聞いてると、世界のあちことに飛ぶことができ、旅行が好きな方にはうれしい仕事のように思えますが、実際は夜中にも緊急搬送があるため時間に融通の利く人でないと働くのは厳しかったり、患者の急変、責任が自分にあるプレッシャーから精神的にもストレスがかかる大変な仕事です。しかしながら、海外で仕事がしたいと希望される方も多く、求人は少ないですがエスコートナースに興味がある方は一度検討されるのもいいと思います。

エスコートナース(搬送看護師)のメリット

では今からエスコートナース(搬送看護師)のメリットについていくつかご紹介していきます。しかし、今からお話するメリットがエスコートナース(搬送看護師)で働く魅力の全てではないため、参考程度に考えてください。

①将来性がある

今まで外国に比べて海外旅行や海外で仕事をする人が少なかった日本では、エスコートナースという職業を耳にすることがあまりなかったと思います。しかし、海外ではエスコートナースという仕事は以前から需要のある仕事として扱われてきました。日本では、現在はまだ求人の少ない職種です。しかし、日本人も海外旅行や海外で働く人が増えてきたため、今後需要はさらに増えると予想されます。とは言ってもまだまだこれからの職業であり、そこにやりがいを感じる方もいらっしゃいます。エスコートナースに少しでも興味がある方はみなさんに先駆けてグローバルな職場で活躍されてみてはいかがでしょうか?

②高収入を期待できる

エスコートナースの勤務先には病院や役場などがあるようですが、ほとんどは企業から募集され、エスコートナースとして登録をしておく必要があるようです。そして給料は一般的な看護師より高く、年収700万円ほどになるとされています。

エスコートナース(搬送看護師)のデメリット

先ほどからエスコートナース(搬送看護師)の将来性がある点や高収入が望める点等良い点ばかりを紹介してきました。しかし良い点もあれば、もちろんあまりお勧めできない点もあります。次にエスコートナース(搬送看護師)のデメリットについても少しお話ししていきたいと思います。

①英語のスキルが必須

エスコートナースは海外から日本に帰国する怪我人や病人に付き添う、あるいは日本で病気や怪我をし、自国へ帰国しなけれべならない患者に付き添うため、必然的に外国人と接することが多くなります。そのため、世界共通語である英語を話せないとコミュニケーションができません。さらに海外の病院まで患者さんを送り届けることもあり、専門的な医学用語も英語で理解し、伝えなくてはなりません。そして時には空港の手続きをエスコートナース1人で、患者さんの分まで行わなくてはならないため、高い英語の能力が必要であり、英語ができないと採用されません。英語能力の基準目安としてはTOEICが用いられており、TOEICで600点以上のスコアがあると、ある程度の英語能力があると判断されるようです。そのため、TOEIC700点ほどの能力は身につけておいた方がいいと思います。

②求人が少ない

先ほどチラリと話しましたが、エスコートナースはこれから需要が増える可能性の高い職業とはいえ、まだ求人は少ないです。いつエスコートナースの募集が出るかわかりません。個人的に看護師の専門サイトなどで求人を見つけられることもありますが、効率よく求人を探すのであれば、やはり看護師専門の転職サイトへの登録をお勧めします。

③ある程度の看護師スキル、知識が必要

搬送する患者さんには様々な怪我や病気の方がいるため、搬送中の看護業務も患者さんの病態、病状に合わせて柔軟に対応する必要があります。状態が安定している患者さんの搬送中の場合、経過観察程度で済むこともありますが、中には状態が急変、悪化する患者さんもいます。そのような時、エスコートナースは1人で状況を把握し、適切な処置を行わなくてはなりません。搬送は基本的に飛行機で行われる場合が多いですが、搬送中はできる措置に制限があります。医療機関とは環境がことなるため、その状況下で自分に何ができ、何が一番最善の処置かを的確に判断する能力も必要になるため、ある程度看護師として、経験や知識、技術が備わっていないと、エスコートナースとして働くのは難しいでしょう。

こんな方におすすめ

  • 英語が得意な方
  • ある程度看護師として経験や知識、技術が身についている方
  • エスコートナースに興味があり、やりがいを見いだせる方
  • 時間の融通が利く人
  • 看護師として新しい働き方に挑戦してみたい人

エスコートナースの転職におすすめのサイト

エスコートナースとして働くのであればMCナースネットのコンサルタントに相談してみましょう。

他の業務内容

Page Top